どうして1億円オーバーで往年のフェラーリ「カリフォルニア」のレプリカが作られるのか?

約1億1300−1億2800万円の「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
約1億1300−1億2800万円の「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
オリジナルのスタイルに沿ったステアリングは、イメージを崩さないスリムなウッドのリムに、3本スポークデザインを採用
トランスミッションは標準が4速MTだが、オプションとして5速MTも用意
搭載されるエンジンは、標準は3リッターだが、オプションで3.5リッターと4リッターを選ぶことができる
アルミニウムのボディパネルは、GTOエンジニアリングが独自の工具を使い、現役当時のマラネッロの職人がおこなっていたのと同じレベルの手作業によって仕上げられている
アルミニウムのボディパネルは、GTOエンジニアリングが独自の工具を使い、現役当時のマラネッロの職人がおこなっていたのと同じレベルの手作業によって仕上げられている
マフラーはANSA製だ
往年のカリフォルニア・スパイダーのスタイリングのクルマを、実際に気兼ねなくドライブできるのがリバイバル・シリーズの利点だろう
往年のカリフォルニア・スパイダーのスタイリングのクルマを、実際に気兼ねなくドライブできるのがリバイバル・シリーズの利点だろう
往年のカリフォルニア・スパイダーのスタイリングのクルマを、実際に気兼ねなくドライブできるのがリバイバル・シリーズの利点だろう
GTOエンジニアリングの3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
GTOエンジニアリングの3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
GTOエンジニアリングの3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
GTOエンジニアリングの3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
GTOエンジニアリングの3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
GTOエンジニアリングの3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」
1500時間以上かけて手作業で仕上げられる外装は、リバイバルとはいえ本物に引けを取らないクオリティだ

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント