運転時の大地震「慌てず停止を!」 大地震発生から1週間程度は要注意!

周囲に注意喚起するためにハザードランプを点灯させるのがよい
周囲のクルマが地震に気づいていない可能性もあるので、注意が必要
運転中の地震発生時には、周囲の状況を確認しつつ、ゆっくりと道路左側に寄せて停車させること
停車後は、エンジンを止めて、揺れが収まるまで車内で待機する
万が一避難する際は、カギを刺したまま避難するべき。スマートキーの場合はわかりやすい場所に置いておくこと
地震はいつ起きるかわからないといわれるので常に対策が必要
地震はいつ起きるかわからないといわれるので常に対策が必要
地震はいつ起きるかわからないといわれるので常に対策が必要
万が一の地震の際、ドライバーはどう対処すべきか
本震発生後の余震によって土砂崩れが起こる可能性もある
運転中に地震が発生したら、クルマのスピードをあわてて落とさず、ハザードランプを点灯させながら徐行して、周りの車に注意を促すことが求められる

記事ページへ戻る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント