人気ブランド「TRD / MODELLISTA」の魅力とは? 人気女優も納得のワケ【PR】

トヨタ車のカスタマイズなどを手掛ける「TRD / MODELLISTA」。TRDは、モータースポーツの知見を活かした製品開発を得意とし、MODELLISTAは、高いデザイン力などで見る人を魅了する製品を開発しています。そんな、両ブランドが「大阪オートメッセ2020」に出展。女優の春花さんなどのトークショーの様子を交えつつ、紹介していきます。

クルマが大好きな女優・春花さんが見る「TRD / MODELLISTA」とは

 2020年2月14日から16日に掛けて開催されたカスタムカーの祭典「大阪オートメッセ2020」では、トヨタ車のカスタマイズを手掛ける「TRD / MODELLISTA」ブースが大いに盛り上がりを見せていました。

 高い技術力とデザイン力を誇る両ブランドですが、どのようなブランドなのでしょうか。展示車両やさまざまなトークショーを交えて紹介していきます。

ブースに展示されていたTRD仕様の「ハイラックス」と「RAV4」
ブースに展示されていたMODELLISTA仕様の「アルファード」と「ヴェルファイア」

 今回、TRDブランドではトヨタの人気SUV「RAV4」と「ハイラックス」をTRD仕様にカスタマイズしたモデルを展示。人気ドラマ「テラスハウス」をはじめ、多くのドラマなどに出演する女優の春花さんとTRDスタッフによるトークショーが行われ、2台の魅力を余すことなく紹介していました。

ドラマなどで活躍する女優の春花さんがトークショーに出演
春花さんとTRD企画担当の家高氏

 トークショーの冒頭で春花さんは、自身でドラッグレースに出場するほどのクルマ好きだといい、「ドラッグレースはただ直線を走るだけでなく、ハンドリングとか細かな要素が要求されるので、奥の深いレースです。もう5年もやっていて、どんなにスピードが出ても怖くないですね。同じレースで活躍するTRDのクルマが見られるのが楽しみです」とコメント。

 そんな春花さんも興味深々なTRDとは、「TRDはさまざまなモータースポーツのカテゴリにおいてトヨタのモータースポーツを支えています。例えば、スーパーGTのGT500クラスに出場するスープラの開発や、アジアクロスカントリーラリーなどの車両など多岐に渡った活動をしているブランドです。そんな、モータースポーツ活動で培った知識や技術をフィードバックして、市販車向けの製品化も行っています」と、TRD企画担当の家高氏は説明します。

 TRDブランドに対するイメージとして、春花さんは「やはりレースやオフロード、大きな迫力のあるクルマに赤い文字で『TRD』と入ってるイメージがあるのは知っていました。直近の東京オートサロン2020で勉強させて頂いて、段々詳しくなっていきました。なので、最近ではRAV4やハイラックスを街中で見ると『TRD?』と思っちゃうほどです」と、今ではTRDブランドに愛着が出ているようです。

赤いTRDの文字が印象的なフロントバンパー

 展示されていたRAV4は、標準モデルよりもオフロード感が増した「Adventure」グレード専用となる「TRD Field Monster」というモデルで、標準のAdventureグレードよりもダイナミックなデザインです。「TRD Field Monster」では、より重厚なフロントフェイスになり、オーバーフェンダーやルーフラックなど、アウトドアイメージ溢れるクルマに仕上がっています。

 春花さんは、このTRD仕様のRAV4について、「女子からするとSUVは大きいサイズというイメージですが、SUVのなかでもRAV4はコンパクトサイズなので、都内に出かけるのにも不便じゃない印象でした。そこにカスタマイズパーツがプラスされてカッコ良くなり、山とかにいってもオフロードっぽくてタフなイメージになると思います。あと、個人的にはバンパーなどのリベットが好きですね」とコメント。

 自身もアメ車に乗るほどクルマが大好きな春花さんには、RAV4のサイズでもコンパクトに感じてしまうようです。クルマには、ユーザーそれぞれの楽しみがあることがわかります。

春花さんの大好きなオーバーフェンダー
TRD企画担当・家高氏の解説に興味津々の春花さん
最近では、街中でRAV4やハイラックスを見かけると気になってしまう春花さん

「TRD Field Monster」の特徴は、よりオフロード感のあるフロントバンパーガーニッシュやアンダーガーニッシュが標準カラーのどの色にも違和感なくマッチするほか、LEDを適所に配置しつつ、赤い文字のTRDロゴをアクセントに仕上げているのがポイントだといいます。

 オーバーフェンダーとサイドデカールが目を引くカジュアルな装いとの対比が、本格アウトドアウェアを着こなすファッショントレンドをイメージ。また、TRDパーツとして初設定の「ルーフラック」は、RAV4専用設計となり、全グレードに装着可能です。

LEDを適所に配置しつつ、赤い文字のTRDロゴがTRDらしさを際立たせている
TRDパーツとして初設定の「ルーフラック」
TRDの文字が際立つサイドデカール

 一方、TRD仕様のハイラックスは、黒い車体に真っ赤なフロントアンダーカバーが映えるイキなデザインが印象的です。

 これは、TRD Asia製の専用パーツとしてラインナップされる、バンパーガード風デザインのフロントアンダースポイラーや迫力のスタイリングを作り上げるオーバーフェンダーなどが設定されています。

 なお、今回の展示モデルでは荷台の部分にアウトドア好きにはたまらない専用テントが装着され、思わずこのまま出かけたくなる仕様です。

 春花さんは、「そのままのハイラックスだけでもかっこいいのに、そこに大好きなオーバーフェンダーや、アンダーカバーなど付いてめちゃくちゃカッコいいです。自分のレース用コルベットを牽引したいと思いました」と、クルマ好きならではのコメントをしてくれました。

ハイラックスの説明では夢中で聴き入る春花さん
展示車両のハイラックスは、荷台にテントを兼ね備えたアウトドア仕様
迫力のあるオーバーフェンダーとリベットの演出はオフロード感を引き立てている

 最後にTRD仕様のRAV4とハイラックスを「どのような場面で乗りたいですか?」という質問に対して、春花さんは「RAV4は街乗りがメインで、友達と気軽にランチにいったりとか、ゴルフや海などのレジャーでも使えるので、色々な場面で乗れるのが良さそうです。ハイラックスは、昔から大好きなのでレース車両を牽引するクルマとして使いたいなという想いが強いですね」と、女子らしさの一面を見せつつ、最後にはクルマ好きが前面に出てしまう春花さんでした。

いつかハイラックスでレース車両を牽引したい春花さん
自身の写真集にも愛車が登場するほどのクルマ好きをアピールした春花さん

【画像】魅力的なTRD / MODELLISTAのモデルを見る!(33枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事