ドレスアップユーザー注目!トーヨータイヤ「オープンカントリーR/T」に初のホワイトレター付きサイズが追加【PR】

トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズは、SUVの本場である北米で人気のSUV/CCV(クロスカントリービークル)/ピックアップトラック用タイヤブランドです。国内でもアウトドア人気と相まって、注目を集めています。そんなオープンカントリーシリーズの「オープンカントリーR/T」にサイズが追加され、はじめてホワイトレター付きがラインナップしました

ドレスアップにも! 初めてホワイトレター付きのサイズが追加された

 トーヨータイヤ(TOYO TIRES)の「オープンカントリー(OPEN COUNTRY)」シリーズは、SUV・RVの本場である北米市場に国内メーカーとしていち早く参戦し、すでに30年以上も展開しているSUV/ピックアップ向けタイヤです。

 そんなオープンカントリーシリーズのなかでも、マッドテレインタイヤを思わせるアグレッシブなタイヤパターンを持ちながら、オールテレインに近い静粛性とロングライフ性を備えて人気なのが「オープンカントリーR/T」です。

ホワイトレター付きのサイズが追加されたオープンカントリーR/T

 オープンカントリーR/Tの「R/T」は「ラギッドテレイン(Rugged Terrain、険しい地形)」の略で、そのパターンを見てもわかるようにオールテレインタイヤを超えるオフロードでのトラクション性能を持っています。

 それでいながら、耐摩耗性や静粛性など、オールテレインタイヤに近いオンロード性能を持っています。

 つまり、アウトドアを楽しみながらも、街乗りで我慢がいらない。アグレッシブで力強いデザインのタイヤながらも、日常使いを犠牲にしない。そんな新しいジャンルのタイヤということになります。

 2014年に北米市場に投入したオープンカントリーR/Tは、いままでにない新たなジャンルを開拓しました。

 2016年1月開催の東京オートサロン・トーヨータイヤブースで展示された、オープンカントリーR/T装着のスズキ・ハスラーが人気になるなど話題を呼び、日本でも2016年10月に発売されています。軽自動車用サイズも用意され、スズキ・ジムニーのユーザーに好評だといいます。

 現在、12インチから18インチまで8サイズを用意するオープンカントリーR/Tですが、2019年12月20日に3サイズの追加が発表されました。

 今回は、サイズ追加だけでなく、オープンカントリーR/Tとしてははじめて、「ホワイトレター」を2サイズに用意したことがニュースです。

ホワイトレター付きのサイズが追加されたオープンカントリーR/T
●OPEN COUNTRY R/Tサイズ一覧
225/55R18 98Q
265/60R18 110Q
225/60R17 99Q
225/65R17 102Q
215/70R16 100Q
235/70R16 106Q NEW(ホワイトレター付)
185/85R16 105/103L LT
185/85R16 105/103N LT NEW(ホワイトレター付)
165/60R15 77Q
155/65R14 75Q NEW(ホワイトレター無)
145/80R12 80/78N

 ホワイトレターとは、サイドウォールに刻まれたロゴが白く浮き出ているタイヤのことで、とくにドレスアップユーザーには欠かせないアイテムとなっています。

 235/70R16という三菱「デリカ」のカスタムユーザーでは定番のタイヤサイズと、185/85R16というスズキ「ジムニー」のカスタムユーザーでは定番のタイヤサイズにホワイトレター付きが登場したことは、オープンカントリーR/Tに新たな魅力が加わったことを意味します。

 2020年にはさらに数サイズが追加される予定となっているので、適応サイズがない場合は少し待ってみても良いかもしれません。

福岡のデリカ専門店オートフラッグスのデモカーに装着されたオープンカントリーR/T
SUVカスタムを得意とする埼玉のロードハウスのデモカーに装着されたオープンカントリーR/T
ジムニーなどのカスタムを得意とする京都のカースタイルのデモカーに装着されたオープンカントリーR/T
4WD用パーツメーカーJAOSのデモカーに装着されたオープンカントリーR/T

 2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」の出展各社のブースにおいて、ホワイトレター付きのオープンカントリーR/Tを装着したデモカーが展示される予定です。

※ ※ ※

 トーヨータイヤ(TOYO TIRES)のタイヤブランドには、エコタイヤの「ナノエナジー(NANOENERGY)」、乗用車用プレミアムタイヤ「プロクセス(PROXES)」、ミニバン専用「トランパス(TRANPATH)」、SUV・CCV(クロスカントリービークル)・ピックアップトラック用の「オープンカントリー(OPEN COUNTRY)」、そしてスタッドレスタイヤの「オブザーブ(OBSERVE)」「ウインタートランパス(Winter TRANPATH)」、オールシーズンタイヤの「セルシアス(CELSIUS)」があります。

 SUV・CCV・ピックアップトラック用の「オープンカントリー」シリーズは、本場の北米で人気のあるオフロードタイヤです。

 ファッショナブルなオフロードタイヤとして、30年以上前から北米のユーザーから人気を集めていたオープンカントリーでしたが、その優れたオフロード性能に注目が集まったのは、アメリカを代表するオフロードレース、「Baja1000(バハ1000)」ではじめて優勝したときでした。

 バハ1000とは、メキシコのバハ・カリフォルニア州を舞台に砂漠を1000マイル(1600km)疾走するレースで、「一番にゴールした人が優勝」という単純明快なレースです。

 2006年、ロビー・ゴードン選手がドライブする「シェービーCK1500ピックアップ」は、725マイル(約1170km)を運転してトップに立ったあと、アンディ・マクミラン選手に交代、約19時間半におよぶ世界最高峰のオフロードレースを制しました。

 そのとき、装着していたのがトーヨータイヤの「オープンカントリーM/T」。1000マイルを走行中トラブルもなく、安定した走りで優勝を果たしました。それは、BF Goodrich(BFグッドリッチ)による21連覇を阻止した瞬間でした。

 それからトーヨータイヤは毎年バハ1000に参戦する選手をサポート。2019年11月に開催された第52回バハ1000でも、トーヨータイヤがサポートする選手が優勝を果たしています。

>>トーヨータイヤ公式サイトへ

トーヨータイヤ「オープンカントリーR/T」の写真をもっと見る

画像ギャラリー

最新記事