安心と楽しさを同時に実現する「SUBARU」のクルマたち 他社のクルマとはどう違うのか?【PR】

水平対向エンジンを基盤とするAWDシステムの「シンメトリカルAWD」や、国内でもっとも性能が良いと評判の高い運転支援システム「アイサイトツーリングアシスト」など、独自の技術により他社のクルマとは一線を画すクルマ造りが特徴の「SUBARU」。安心と楽しさのある走り、そして先進的なデザインや使いやすい室内空間などは多くの自動車ファンを魅了して止みません。

スバルならではのアイサイトやシンメトリカルAWD その魅力を他車比較で探る

 しかし、他メーカーのクルマにもAWDシステムや運転支援システムが当たり前かのように搭載されている昨今では、いったいどこのメーカーのシステムに優位性があるのかを見極めるのは非常に難しいものです。そこで、SUBARUのさまざまなクルマたちのライバル車種とされる他メーカーのクルマを比較対象とし、それぞれの魅力や優位性を紐解いていきます。

スバル フォレスター

1:スバル、トヨタ、マツダが熾烈な闘い! いま注目されるミドルサイズ5ドアハッチバックとは

左から、スバル インプレッサスポーツ、トヨタ カローラスポーツ、マツダ MAZDA3

 クルマにはさまざまなカテゴリーがありますが、今、とくに注目されているのがミドルサイズの5ドアハッチバックです。

 いま人気の5ドアハッチバック3車種、スバル インプレッサスポーツ、トヨタ カローラスポーツ、マツダ MAZDA3を徹底比較してみました。

《記事を見る》
《インプレッサスポーツの車種サイトへ》

SUBARU インプレッサスポーツ 1.6i-L EyeSight
エンジン 1.6L DOHC
駆動方式 2WD/[AWD(常時全輪駆動)]
トランスミッション リニアトロニック
全長×全幅×全高(mm) 4475×1775×1480
室内長×室内幅×室内高(mm) 2085×1520×1200
車両重量(kg) 1300[1360]
乗車定員(名) 5
最小回転半径(m) 5.3
JC08モード燃料消費率(km/L) 17.2[16.2]

2:なぜ支持される? 日本サイズで個性派! 進化し続ける人気の小型SUV3選

左から、スバル XV、トヨタ C-HR、ホンダ ヴェゼル

 いま日本で特に好調に売れているのは、全長が4.5m、全幅が1.8m以内に収まるコンパクトあるいはミドルサイズの車種です。

 そのなかでも売れ筋である、スバル、トヨタ、ホンダの主力コンパクトSUVの違いとはどのようなものなのでしょうか。

《記事を見る》
《XVの車種サイトへ》

SUBARU XV 1.6i EyeSight
エンジン 1.6L DOHC
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
全長×全幅×全高(mm) 4465×1800×1550
室内長×室内幅×室内高(mm) 2085×1520×1200
車両重量(kg) 1410
乗車定員(名) 5
最小回転半径(m) 5.4
JC08モード燃料消費率(km/L) 15.8

■SUBARUのオフィシャルサイトはこちら

スバル WRX
スバル レヴォーグ
スバル フォレスター

スバル インプレッサスポーツとXVを詳しく見る【画像65枚】

画像ギャラリー

最新記事