スバル、トヨタ、マツダが熾烈な闘い! いま注目されるミドルサイズ5ドアハッチバックとは

 クルマにはさまざまなカテゴリーがありますが、今、とくに注目されているのがミドルサイズの5ドアハッチバックです。いま人気の3車種の5ドアハッチバックを徹底比較してみました。

人気復活の5ドアハッチバック! (左からスバル「インプレッサスポーツ」、トヨタ「カローラスポーツ」、マツダ「マツダ3ファストバック」
人気復活の5ドアハッチバック! (左からスバル「インプレッサスポーツ」、トヨタ「カローラスポーツ」、マツダ「マツダ3ファストバック」

メーカーそれぞれが持つ最新技術が搭載された5ドアハッチバック車

 安定的に高い人気を得ているスバル「インプレッサスポーツ」、新型車のマツダ「マツダ3ファストバック」、トヨタ「カローラスポーツ」の3車種は、いずれも走行性能、居住性、安全装備など、さまざまな機能に力を入れて開発されています。そのために運転を楽しみたいクルマ好きからファミリー層まで、さまざまなユーザーのニーズに合っています。売れ行きも堅調に推移しています。

 ボディサイズは全長が4500mm以下、全幅も1800mm未満に収まるため、3ナンバー車ではありますが、取りまわし性も良好です。高い安全性能、優れた走り、街中における運転のしやすさを両立させました。

 衝突被害軽減ブレーキを作動できる安全装備では、インプレッサスポーツのアイサイトが有名です。スバルは1989年からステレオカメラセンサーの研究を行い、今日の運転支援機能を兼ね備えるアイサイトに進化させました。早い時期から、歩行者、自転車、車両のすべてに対応してきたことも特徴です。

 今ではライバル車の衝突被害軽減ブレーキも進化して、マツダ3ファストバックやカローラスポーツも、歩行者と車両に加えて自転車の検知が可能です。この2車種のセンサーには、単眼カメラとミリ波レーダーを併用しています。

性能の高さで定評のあるスバルの運転支援システム「アイサイトツーリングアシスト」
性能の高さで定評のあるスバルの運転支援システム「アイサイトツーリングアシスト」

 ただし歩行者に対する安全装備には違いが見られます。インプレッサスポーツでは、歩行者保護エアバッグを全グレードに標準装着しました。歩行者との衝突を検知すると、フロントウインドーとボンネットの境目付近から、フロントピラー(柱)までをカバーするようにエアバッグが展開します。この機能で頭部を中心に歩行者を守るのです。歩行者保護エアバッグは、インプレッサならではの先進装備です。

 今のクルマでは、安全装備と併せて運転支援機能も進化しました。インプレッサスポーツは、新たにアイサイトツーリングアシストを採用しています。従来と同じく車間距離を自動制御しながら先行車に追従走行する機能を備え、路上の白線も認識して、車線の中央を走れるように操舵支援を行います。

 さらに渋滞時など速度が下がって白線の検知が難しくなった時でも、先行車に追従走行することで、操舵の支援を続けられます。アイサイトツーリングアシストは、ドライバーの疲労を軽減させることにより、安全性をさらに向上させる効果もあります。
 
 マツダ3ファストバックは、標準装着あるいはオプションで、クルージング&トラフィックサポートを用意しました。この機能を備えると、高速道路での渋滞でも、先行車に追従して運転支援を続けます。カローラスポーツも、先行車追従機能を備えています。

 ミドルサイズの5ドアハッチバックは、ファミリーカーとして使われることも多いです。そこでインプレッサスポーツは、前後席ともに、居住性に余裕を持たせました。身長170cmの大人4名が乗車した時、インプレッサスポーツの後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ2つ半に達します。後席の広さは、全長が4800~4900mmのLサイズセダン並みです。

 マツダ3ファストバックとカローラスポーツは、前述の測り方で、後席の膝先空間は両車ともに握りコブシ1つ半です。インプレッサスポーツは後席にも配慮したファミリー指向、ライバル2車は前席を優先させたパーソナル指向といえるでしょう。この居住性の違いは、ミドルサイズハッチバックの選び方にも影響を与えます。

【画像】人気5ドアハッチバック車の詳細を見る(71枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント