• くるまのニュース
  • ライフ
  • 高性能・高画質・使いやすいはホント? カロッツェリア 新型「楽ナビ」を実際に使ってみた!【PR】

高性能・高画質・使いやすいはホント? カロッツェリア 新型「楽ナビ」を実際に使ってみた!【PR】

2019年5月にパイオニアのカロッツェリアブランドから発売した、新型「楽ナビ」。

約5年ぶりのフルモデルチェンジとなった本品は、従来モデルから全ての機能を刷新し「カロッツェリア史上最高画質」と「迷わず、操れる」ことが特徴の次世代スタンダードカーナビです。

今回は、普段はスマホアプリを使っているという「野原ゆな」さんに新型楽ナビを実際に使ってドライブしてもらいました。

「HD解像度対応」で驚きの高画質を実現した「楽ナビ」の2019年モデル

 パイオニアが展開するカロッツェリアブランドからリリースされている、据え置き型カーナビゲーションシステムの「楽ナビ」シリーズ。

 高性能なのに使いやすいという点が魅力の人気シリーズですが、2019年5月に約5年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型「楽ナビ」が発売となりました。

カロッツェリア 楽ナビ AVIC-RL910
AVIC-RL910 8インチ大画面モデル

 従来の「使いやすさ」はそのままに、HD解像度にフル対応となり、従来型に比べて2.4倍の高解像度となった画面の美しさは、「一瞬で、魅せる」というキャッチコピーのとおり、一目でその違いが分かるほど高精細な画質になっています。

 表示される地図画面も高解像度に対応すべく、従来比の約70倍となる1677万色もの色階調表現を駆使し、表示される地図はもちろん、地図上のロゴマークや信号、一方通行表示などの地図記号に至るまですべてが一新されており、見やすさという点でも大きく性能が向上しているのです。

6軸3Dハイブリッドセンサーや各種衛星データに対応し、最高峰のナビ性能を実現

タッチレスポンスが素早く、ストレスがないIPS方式のHDパネル

 カーナビの基本となるナビ能力は、上位機種の「サイバーナビ」で採用された自車位置専用システムや6軸3Dハイブリッドセンサー、GPS・みちびき・グロナス・SBASの衛星データに対応するなど、従来型よりもさらに向上している点も見逃せないポイントです。

 もちろん、従来型でも好評だった操作系のインターフェースはより使いやすさと分かりやすさを追求したものにブラッシュアップされ、いちいち説明書を見なくても直感的に操作できるように配慮されています。

 初めて使うようなユーザーでも迷うことなく目的地設定ができるという楽ナビの美点もさらに進化しています。

 なお、ラインナップとしては、8V型のLS(ラージサイズ)と7V型の200mmワイド、7V型の2DINサイズ(180mm)の3機種で、地図データを含むバージョンアップが最大3年分付くタイプと、最大1年分付くタイプがそれぞれに用意されていて全6機種となっています。

いつもはスマホアプリを使う野原ゆなちゃんに新型楽ナビを使ってもらった!

野原ゆなさんに新型楽ナビを実際に使ってもらった

 と、機能的な説明はこのくらいにして、ここからは実際に新型楽ナビを使ってお出かけをしてみることに。

 今回は、プライベートでも愛車を運転して実家のある新潟と東京を往復しちゃうこともあるという、モデルの野原ゆなちゃん。

 新潟から東京のクルマ移動を「たった4時間」と言い切るドライブ好きの彼女ですが、プライベートではスマホアプリを使っているので本格的な据え置き型ナビゲーションは初体験とのこと。はたして、そんな彼女にとって新型楽ナビはどのように映るのでしょうか?

 そして余談ですが、今回アテンド役を仰せつかった筆者はリアルガチで新型楽ナビのユーザーであり、操作方法についてはお任せあれ! という気持ちで野原ゆなちゃんをエスコートしてまいります。

神宮外苑のいちょう並木から海ほたるに向かってスタート

野原ゆなさんと筆者の小鮒康一氏

 スタート地点は東京都港区、神宮外苑のいちょう並木前。ここから海ほたるまでのルートをナビにセットします。

 普段はスマホアプリを愛用しているゆなちゃんですが、楽ナビの操作系はスワイプやピンチイン/ピンチアウトといったスマホ的な操作も可能となっているので、違和感もない様子。

 メニューボタンを1度押すと出てくる画面には、よく使うナビ機能を3つ選んで配置できる「ショートカット機能」が備わっているため、迷うことなく「名称検索」にたどり着くことができました。ちなみにこのショートカット機能は、ユーザーがよく使う機能をカスタマイズ登録することも可能なのです!

シンプルな操作で目的の画面にたどり着けるのがいいですね! 文字入力はフリック入力もOKなので、スマホアプリに慣れた人でも使いやすいかも。

あと地図画面がすっごく見やすいですね。スマホアプリだとどうしてもゴチャゴチャした印象なんですけど、楽ナビは色々な情報がちゃんと表示されているのに見やすいところに感動してます!

ナビ画面のロゴマーク表示で、周辺に何があるか即座に確認できる

 と、早くも新型楽ナビの使いやすさを実感するゆなちゃんでしたが、ここで出発前にカメラマンさんがトイレにいきたいという緊急事態。

 そんなときは「ロゴマーク表示」の設定で、「トイレ」の表示をONにすることでナビの地図上にトイレの位置を表示することができます。また、コンビニやファミレスなどの一部のロゴマークには、その施設に駐車場があるかどうかを示す表示もされるので、せっかく行ったのに駐車場がない! という悲劇も避けられるのです。

目的地に駐車場があるかどうかが事前に分かるのはとっても親切! 都内だと駐車場のないところも結構あって、クルマで移動していると探しにくいから、事前に分かると嬉しいですね! スマホのアプリだとこうはいかないですよね…

 ということで、あらためて海ほたるに向かって出発します。まずは外苑入り口から首都高速に乗り、アクアラインに向かうルートを選択しました。

 筆者と運転を交代しながら向かう道中で、ゆなちゃんには運転手目線で新型楽ナビの使い心地を体感してもらいましょう!

●パイオニア 新型「楽ナビ」公式サイト

野原ゆなさんが新型楽ナビで行く千葉県ドライブ!(画像36枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事