Honda「シャトル」はアーバンにもアクティブにも使える優等生! SUVには無いさまざまな魅力とは【PR】

近年は全高の高いSUV車が人気を集めていますが、運動性能の高さや流麗なスタイリングが持ち味のステーションワゴンタイプのクルマにもたくさんの魅力が詰まっています。
今回は、高い運動性能と運転する楽しさ、そして大容量ラゲッジスペースでレジャーにもぴったりなクルマ、Honda「シャトル」の魅力を再発見するドライブに出かけてみました。

Honda「シャトル」に乗って藤島知子さんと一般人2人がドライブに出かけてみた

 最近、レジャーに出掛けるクルマといえばSUVがブームだけれど、マンション住まいだったりすると、全高の制限があったりして選べるクルマのサイズに制約が生まれる場合もあります。

 今回は、そんなケースでもオススメできるクルマで、自動車系YouTubeチャンネル「くるまのCHANNEL」を展開している欅まつやさんと五味侑也さんの2人とウインターレジャーに出かけてみることにしました。

今回ご紹介するクルマはこちら。ジャーン、その名もHondaの「シャトル」です!

 

Honda「SHUTTLE」HYBRID Z・Honda SENSING(FF)

おぉ〜!なんと、機械式駐車場に収まるボディーサイズなんですね。Hondaらしいフロントフェイスがカッコいい!

5ナンバーサイズのボディーに嬉しい機能をたっぷり詰め込んだ「シャトル」

全高1545mmのFFモデルなら、多くの機械式駐車場へ入庫することができる

 一般的な機械式駐車場は全高1550mm以下なら入庫可能という場合が多いけど、シャトルの前輪駆動のモデルなら全高1545mmだから機械式駐車場への入庫もOK。このあたりは背が高いSUVには真似できない芸当ですよね。

 シャトルは、もともとコンパクトカーのフィットの居住空間を広げた「フィット シャトル」として生まれたモデルだったけれど、2015年に登場した2代目は「シャトル」という名前に一新。上質感と使いやすさを追求したモデルとして進化し続けて、今でも人気のロングセラーカーなんです!

スノボの道具って、ボードにブーツにウエアなど、かさばるものが多いから結構な荷物の量になるけど、ちゃんと収まるかな?

移動中は3人が座れればいいし、長さがあるスノーボードはリヤシートを倒して積みこんだほうが良さそう。片側のシートを倒してっと。おっ!これなら、かなりの荷物が積めますね。荷室フロアの高さも低くないですか?


 そうそう、メカは小さく、人の為の空間を広く取る工夫がHondaならではのコダワリ。荷室フロアが低くできる理由は、燃料タンクを前席下に配置したHonda独自の「センタータンクレイアウト」を採用しているからなんです。

 それによって、後席のシートアレンジや荷室を設計する時の自由度が増して、実用空間として活用できるというメリットが生まれるの。

低いフロアと大容量のラゲッジスペースでたくさん積める!積みやすい!

2名乗車時は1141Lまで拡大可能なラゲッジスペース( HYBRID・Honda SENSING FF車の場合)

荷物はたっぷり積めるし、そのうえ、重たい荷物を積む時も腕の負担が少なくてラクですね。5ナンバーサイズなのにこれだけ沢山積めるっていうのはオドロキです!


本当に荷室の床が低いし、後席をフラットに畳めば大人が寝転べるくらいの荷室長を確保できるんですね。このクルマなら車中泊も楽しめそうですね!

 そうなんです! リアシートは6:4分割の可倒式なので状況によって色々なシートアレンジができちゃいますし、リアシートのシートバックにはとっても便利な小物入れも付いているんですよ。この辺りの気配りはHondaならではですね!

5名乗車時でも荷室要領は570Lを確保(HYBRID・Honda SENSING FF車の場合)
荷室開口部の高さが54センチ(FF車)で荷物が積みやすい
リアシートバックの「マルチユースバスケット」はHondaならではのアイデア(タイプ別設定)

Honda「シャトル」は視界が広いから狭い一般道でもスイスイと運転できる!

フロントウィンドウは面積が広く、後方の死角も少ない「シャトル」

 まずは、私のドライブで一般道をドライブ。運転席に座ってみるとフロントウィンドウの面積がとっても広いし、ドアミラー付近の死角が少ない設計になっていることに気がつきます。

 広い視界のおかげで交差点の右左折時でも自転車や歩行者を確認しやすいし、混み合った場所や狭い場所を走る時も安心できます。

シートの座り心地もとっても快適ですね。Hondaが得意なスムースレザーは手触りも格別です!

今回、後席は片側の背もたれを倒していて荷物に囲まれているけど、膝回りが広く確保されているからゆったりとくつろげますね。


 そうなんです。シャトルはインパネ周りの仕立てがいいから、運転しているとひとクラス上のクルマに乗っている感じがするんです。

 ちなみに、このクルマに搭載されているハイブリッドシステムは、ヴェゼルなどと同じSPORT HYBRID i-DCDと呼ばれる1モーターのハイブリッドシステム。

 シャトルのハイブリッドモデルの場合は1.5Lエンジンにモーターを組み合わせていて、トランスミッションには7速のデュアルクラッチ式が搭載されているんですよ。

ハイブリッドモデルには7速デュアルクラッチトランスミッションを採用

アーバンシーンで映える洗練されたスタイリング

え!? デュアルクラッチといったら、欧州車などが積極的に採用している方式じゃないですか。次のギアをスタンバイして素早く変速するから、レスポンスに優れた走りを楽しませてくれるし、パワーの伝達効率がいいから燃費も良いんですよね?

さすがは欅クン!そういう意味では、Hondaらしい走りの楽しさに期待が高まってしまうわよね。ちなみにガソリンモデルにはCVTが採用されているんだけど、そちらでも気持ちよくて燃費のいい走りが楽しめるのよ。

ハイブリッドモデルもガソリンモデルも、気持ちよくスポーティに走れる設計になっているところにHondaらしさを感じますね。それと、伸びやかなスタイリングだから街中で見るととってもカッコ良いです!

Honda「シャトル」を体感する3人の登場人物

【藤島知子(ふじしまともこ)】幼い頃からクルマ好きで、ジャンルを問わず様々なレースに参加している。クルマの楽しさを多くの人に伝えようと、自動車専門誌、一般誌、TV、WEB媒体を通じて活動中。

【五味侑也(ごみゆうや)】お笑いコンビ、シューマッハのメンバーで、クルマ大好き芸人。大型バイクも所有しており、バイクへの造詣も深い。

【欅まつや(けやきまつや)】カーシェアリング系YouTuber。目標は30歳前に新車でNSXを購入すること。乗り物全般のほか、ダイエット(計画中)が趣味。

>>Honda「シャトル」をもっと詳しく知る!【 Honda オフィシャルサイトへ】

記事では紹介しきれない便利装備がいっぱい!画像で詳しくチェック【50枚】

画像ギャラリー

1 2

最新記事