快適性の「LX100」か、スポーティーな「001」か。ブリヂストンのSUV専用設計タイヤ「アレンザ」の贅沢すぎる選択の悩みとは【PR】

「アレンザ001」はキビキビとした走りだけでなくウエット路面にも強い

 アレンザLX100の静粛性は、相当高いと思いました。これはもう、SUV用の「レグノ」と呼んでもいいくらいです。

 まずはパターンノイズ。高めの周波数で「シャー」という音は車室内に届いてきません。アスファルトの舗装路面の粗さが変わるとパターンノイズも変わることがありますが、どんな路面でも、どんな速度域でも静かに走れました。

旧東海道、東海道五十三次の21番目の宿場である岡部宿を走るアレンザLX100装着車。落ち着いた雰囲気の町並みと、高い静粛性のタイヤはよく似合う
筆者のこもだきよし氏。後席でアレンザLX100の静粛性のチェックをおこなったが、どの席でも室内に入り込むタイヤノイズは気にならない

 同じようにトレッド面のブロックが路面を叩くような「パカン、パカン」という音もしませんし、低周波の「ゴォー」という音も聞こえてきませんでした。

 SUVはハッチバックスタイルのため、リアタイヤの上がラゲージルームになっています。そのためタイヤからサスペンションアーム、フレームという順番でボディに振動が伝わり、ゴォーというノイズが車室内に響いてしまうケースが多いのですが、LX100はうまく遮断しています。

 快適性ばかりでなく、LX100はハンドリング性能も悪くありません。

 ハンドル操舵力は軽めですが、そもそも筆者は軽いハンドルが好きだからちょうど良いくらいでした。また応答性は過敏でないので落ち着いて運転できました。

 その走りは穏やかな印象で、悪いクセは持っていません。東名高速での高速走行では、ハンドルの中立付近が穏やかな感じですが、微小操舵での遅れやズレなどの違和感はありません。

※ ※ ※
 
 続いて、アレンザ001を装着した黒いハリアーに試乗しました。

アレンザ001を装着したハリアー。シャープな応答性で、高速でのレーンチェンジもキビキビとこなす

 こちらは乗り始めて10mで、LX100との違いを感じられました。

 ハンドルの手応えが重めになり、応答性がシャープになったのです。アクセル、ブレーキ、ハンドルという前後、左右の動きがいくらでも機敏にできそうに思えました。

ワインディングを走るアレンザ001装着車。ドライバーの意のままの運転が可能で、車重が重く車高が高いSUVでもスポーティな走りが可能だ
筆者のこもだきよし氏。アレンザ001装着車は「クルマがひと回り小さくなった印象」という

 同じコーナーでも、操舵角がLX100より小さくて済むのです。加速や制動の縦方向のグリップも反応が良くなった感じで、気持ちよく走れます。

 これはワインディングロードだけでなく、市街地走行でもキビキビ運転したい人には合っていると思います。

 さらに001は、ウエット路面にも強いのが特徴です。実際に雨の中も走りましたが、滑る気配も感じられないほどしっかりしたグリップがあり、耐ハイドロプレーン性能も高いです。

この日、関東地方は一日中雨。そんななかでも滑る気配を感じられないほどアレンザ001のウエットグリップは高かった
アレンザ001装着車

 カタログにも転がり抵抗係数は「A」、ウエットグリップ性能は「b」以上(サイズにより)を達成しているとあります。

 運動性能重視の001ですが、快適性が悪いわけではありません。もちろんLX100よりは乗り心地は硬く感じますが、カドに丸みがあるし、直接的な強い衝撃が伝わってくるわけではありません。

 またコーナリング時のロール角はLX100より小さいので、同乗者は安心感を持てるでしょう。

 今回は2種類のブリヂストン・アレンザの乗り比べをしましたが、LX100は快適性が◎、運動性が○、一方の001は快適性が〇、運動性が◎というのが総合的な印象でした。

 つまりLX100は、快適性が素晴らしく良いが運動性能も悪くない、001は運動性能がすこぶる良いが快適性も悪くない。つまりアレンザには△も×もないということです。

 愛車としてSUVに乗っている人でも、意のままに走るスポーティな味を第一に考えるのか、それとも静粛性や乗り心地などを求めるのか、ユーザーによってさまざまです。SUVとは「Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)」の略、つまりスポーツ性とユーティリティ(多目的性)を兼ね備えたクルマという意味ですから、さまざまな人のライフスタイルに合わせた使い方ができます。

 ブリヂストンは、同じSUV専用ブランド、アレンザでふたつの味のタイヤを用意してくれました。愛車のSUVをよりスポーティにするのか、それともより快適にするのか。そんな最上級で究極な選択ができるのは、ある意味、贅沢な悩みなのではないでしょうか。

アレンザLX100装着車。全39サイズがタイヤ・ラベリング「A-c」と低燃費タイヤとなる

 アレンザの適合サイズなどをチェック! 

ブリヂストンのSUV専用設計タイヤ「アレンザ001」と「アレンザLX100」の画像をチェック

画像ギャラリー

1 2

最新記事