快適性の「LX100」か、スポーティーな「001」か。ブリヂストンのSUV専用設計タイヤ「アレンザ」の贅沢すぎる選択の悩みとは【PR】

ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」
ブリヂストン「アレンザ001」を装着したトヨタ「ハリアー」
2台のトヨタ「ハリアー」を用意、ボディカラーが黒のハリアーにはアレンザ001、白のハリアーにはアレンザLX100を装着した
この日、関東地方は一日中雨。そんななかでも滑る気配を感じられないほどアレンザ001のウエットグリップは高かった
2台のトヨタ「ハリアー」を用意、ボディカラーが黒のハリアーにはアレンザ001、白のハリアーにはアレンザLX100を装着した
首都高速を走るアレンザLX100装着車。普段なら気になる路面の継ぎ目もうまくいなし、段差のショックは残らずすぐに収束する
ワインディングを走るアレンザ001装着車。ドライバーの意のままの運転が可能で、車重が重く車高が高いSUVでもスポーティな走りが可能だ
ワインディングを走るアレンザ001装着車。ドライバーの意のままの運転が可能で、車重が重く車高が高いSUVでもスポーティな走りが可能だ
ワインディングを走るアレンザ001装着車。ドライバーの意のままの運転が可能で、車重が重く車高が高いSUVでもスポーティな走りが可能だ
旧東海道、東海道五十三次の21番目の宿場である岡部宿を走るアレンザLX100装着車。落ち着いた雰囲気の町並みと、高い静粛性のタイヤはよく似合う
旧東海道、東海道五十三次の21番目の宿場である岡部宿を走るアレンザLX100装着車。落ち着いた雰囲気の町並みと、高い静粛性のタイヤはよく似合う
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」の走り
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」の走り
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」の走り
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」の走り
アレンザ001を装着したハリアー。シャープな応答性で、高速でのレーンチェンジもキビキビとこなす
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」の走り
アレンザLX100を装着したトヨタ「ハリアー」。装着した225/65R17サイズはタイヤラベリングで「A-c」とこちらも低燃費タイヤだ
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「アレンザLX100」
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「アレンザLX100」
アレンザLX100のトレッドパタン。ダブルブランチ型消音器による「3Dノイズ抑制グルーブ」を採用し静粛性向上を実現。また「シークレットグルーブ」により摩耗後も高周波ノイズ抑制が持続する
筆者のこもだきよし氏。アレンザ001装着車は「クルマがひと回り小さくなった印象」という
アレンザLX100装着車
アレンザ001装着車
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「アレンザ001」
アレンザ001のトレッドパタン。リブ端部の角の丸めを最適化してリブ中央の接地圧を高める「マルチラウンド・ブロック」により、ウエットグリップを向上している
筆者のこもだきよし氏と「アレンザ001」を装着したハリアー
左がアレンザLX100、右がアレンザ001のトレッドパタン
ブリヂストン「アレンザLX100」を装着したトヨタ「ハリアー」の走り
筆者のこもだきよし氏。後席でアレンザLX100の静粛性のチェックをおこなったが、どの席でも室内に入り込むタイヤノイズは気にならない
アレンザLX100装着車。全39サイズサイズがタイヤ・ラベリング「A-c」と低燃費タイヤとなる
アレンザLX100の静粛性は絶品。またハンドル応答性は過敏でないので落ち着いて運転できる
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「アレンザ001」
アレンザ001を装着したトヨタ「ハリアー」。装着した225/65R17サイズはタイヤラベリングで「A-b」と低燃費タイヤとなっている

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事