ブリザックがさらに進化! 新スタッドレス「VRX3」ライフ性能17%向上の秘密をブリヂストン開発者に聞いた【PR】

ブリヂストンの乗用車用最新スタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX3(ブリザック ヴイアールエックススリー)が、9月1日から順次発売されました。従来品であるブリザックVRX2の全方位型の大きな性能円はそのままに、氷上でのブレーキ性能を20%向上(※)、さらに摩耗ライフを17%も向上(※)したといいます。相反する性能をどのように向上させたのでしょうか。ブリヂストンの開発担当者に話を聞いてみました。

氷上ブレーキ性能は20%向上、さらに摩耗ライフ性能は17%向上!

 日本の冬道での安心・安全のドライブをサポートしているのが、ブリヂストンの乗用車用スタッドレスタイヤ「BLIZZAK(ブリザック)」です。

 ブリザックの歴史は古く、登場は1988年とすでに33年もの歴史を誇っています。北海道や北東北主要5都市での装着率は20年連続ナンバーワン、いまでは一般ドライバー装着率は46.2%。そしてタクシーの装着率は北海道・札幌市で69.5%という、いわばスタッドレスタイヤの代名詞です。

アウディ「A4セダン」に装着したブリヂストンの乗用車用新スタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX3」の走行シーン

 そんなブリザックですが、最新モデル「BLIZZAK VRX3(ブリザック ヴイアールエックススリー)」が登場しました。2021年9月1日より順次発売されています。

 BLIZZAK VRX3最大の特徴は、スノー性能やドライ性能、転がり抵抗性能など、スタッドレスタイヤに求められるさまざまな性能は高いままに、氷上ブレーキ性能を従来品対比で20%向上(※)したことです。

 ブリザックは、これまで新製品が登場するたびに氷上性能がおよそ10%ずつ進化してきた歴史がありますが、VRX3では20%向上と、2世代分進化したことになります。

 VRX2の発売から4年。つまり、8年分も進化して登場したのが新製品のVRX3です。

 BLIZZAK VRX3の性能向上はそれだけでなく、摩耗ライフが従来品と比べて17%向上(※)したことです。氷上ブレーキ性能と摩耗ライフ性能という、背反する性能をどのように向上させたのでしょうか。ブリヂストンの開発担当者に話を聞いてみました。

 ブリザックVRX3の特徴を詳しく見る 

ブリヂストンの新乗用車用スタッドレスタイヤ、BLIZZAK VRX3の開発を担当した3名。
左から渡部亮一さん、佐藤奈那子さん、井久田明史さん

 前回は新採用の「新気泡形状フレキシブル発泡ゴム」について話を聞きました。その効果を考えると、ゴムをもっと柔らかくして、中に気泡をたくさん入れれば、よりアイスバーンに強いタイヤになるかなと思うのですが、いかがでしょう。

「一般論でいえばそのとおりです。しかし、ゴムが柔らかすぎると、ドライ路面での摩耗が早くなるというデメリットが生まれます。これはブリザックの『全方位での性能向上』というポリシーとは相容れないものです」(渡部さん)

 つまり一般的には「氷上性能」と「耐摩耗性」は背反するものなのですね。

「はい。この背反性能をどう両立させるかということは、ブリヂストンのタイヤ開発において大きなキーワードになっています」(渡部さん)

株式会社ブリヂストン製品企画部門PSタイヤ製品企画第1課の渡部亮一さん。BLIZZAK VRX3全体をまとめた

 では、BLIZZAK VRX3が氷上ブレーキ性能を20%向上(※)させつつ、従来モデルに対し17%(※)もライフ向上を実現した秘密は、どこにあるのでしょうか。

「BLIZZAK VRX3では、新たなトレッドパタンを採用し、接地の最適化を図ることで、氷上性能と耐摩耗性の両方を向上させています」(佐藤さん)

 それは、具体的にはどのような技術なのでしょうか。

「路面と接するタイヤのトレッド面は、走行中に局所的な“滑り”が発生しています。この滑りが、タイヤを摩耗させる大きな原因です。BLIZZAK VRX3では、トレッド中央部に均等な幅、同じ形状のブロックを配置する『均一ブロック』と、ブロックの位置ごとにサイプの密度と方向を最適化した『最適サイピング』を取り入れ、トレッド変形と接地圧を最適化し、路面に理想的な形で密着する『新トレッドパタン』を採用しました。

株式会社ブリヂストン タイヤ開発第3部門 PSタイヤモジュール設計第2部の佐藤奈那子さん。トレッドパタンも含めたタイヤ全体の設計を担当

 さらにタイヤの接地がより最適となるよう、トレッドの幅を含めたタイヤの形状そのものも、サマータイヤとは異なるものとしています。これら技術の導入により、氷上では路面の水をすばやく溝に流すことで接地部分への回り込みを抑制し、タイヤの接地性を高める一方、ドライ路面では適切な接地圧、接地面形状が滑りを低減して摩耗を抑え、ロングライフを実現するという、相反する性能が両立できました」(佐藤さん)

(文中の※)試験条件の詳細はブリヂストンHPをご覧ください

ブリザックVRX3を写真で詳しくチェック!

画像ギャラリー

1 2

最新記事