メルセデス・ベンツが4000円からレンタル可能!? 公式レンタカー「メルセデス・ベンツ レント」で出かけるドライブの魅力とは【PR】

メルセデス・ベンツに乗っていつものドライブをもっと素敵な体験にしよう! 2019年春から始まった、メルセデス・ベンツ公式レンタカーサービス「メルセデス・ベンツ レント」を使ってドライブをしてみました。

メルセデス・ベンツの公式レンタカー「メルセデス・ベンツ レント」とは

「メルセデス・ベンツのAクラスのレンタカーでドライブしませんか?」と、くるまのニュース編集部から連絡がありました。筆者(塩見智)はAクラスの試乗は済ませているし、職業柄レンタカーを借りる必要もあまりないのでどうしようか考えていると、まだ続きがありました。

「女優/モデルとして活躍中の藤木由貴さんも一緒です」。(それを早く言って!)当然、「ぜひ!」と答えました。

ドライブのお供はメルセデス・ベンツのコンパクトカー「A 200 d」だ

 それにしても、メルセデス・ベンツのレンタカーとは? メルセデス・ベンツといえば世界で最も有名な自動車ブランドであり、輸入車の代表格です。同社が初めて採用し、その後他の多くのブランドが追従して普及した安全装備や便利機能は数知れません。

 サイズの大きな高級車がメインのラインアップだった昔とは違い、今ではコンパクトモデルのラインアップも充実し親しみやすいブランドとしても知られるようになりました。

クルマに貼られたメルセデス・ベンツ レントのステッカー

 とはいえ、一般的にはまだまだ敷居が高いと感じる人が少なくないブランドであるのも事実です。

 そこで、もっと気軽に最新のメルセデスを体験してもらおうと、2019年春に同社が始めたサービスが、「メルセデス・ベンツ レント(以下MBレント)」です。

「MBレント」の名前が示す通り、メルセデス・ベンツが展開する公式レンタカーサービスです。

 同社がタッチポイントとして運営するメルセデス ミーや、正規販売店などにあるさまざまなモデルがレンタカーとして用意されています。

手軽に利用できるのもMBレントの魅力! 非対面で貸借り可能な場所もある

メルセデス ミー東京ではロッカーを利用して非対面で貸し借り可能

 ドライブの当日、筆者と藤木さんは東京都・港区のメルセデス ミー東京でA 200 dを借りるところから体験しました。

 MBレントでは一般のレンタカーと違い、オンライン予約をすることで貸出手続きを簡素化していますが、現場では専門のスタッフがクルマの操作を説明してくれるので、安心して利用することが可能です。

ロッカーにパスワードを入力してキーを受け取るだけでドライブへGO!

 MBレント会員となった2回目以降の利用では、メルセデス ミー東京のように借りる際に直接ロッカーへ出向いてキーを取り出して出発し、返す際にはクルマを戻した後、ロッカーへキーを戻せば完了という使い方もできます。

 なおメルセデス ミー東京以外では、品川プリンスホテルにあるメルセデス ミーでもロッカーによるキーの受け渡しが利用可能です。

 そしてメルセデス ミー東京の場合、クルマが置かれた場所の近くにロッカーがあり、ロッカーの操作パネルにあらかじめ携帯電話に送られてきていた暗証番号を入れると扉が開き、中には借りるクルマのキーが置かれています。ドライバーはそれを受け取ってクルマに乗り込むだけで手続き完了です。

貸し借りは携帯電話に送られてきていた暗証番号をロッカーに入力するだけ(メルセデス ミー東京/品川プリンスホテルのみ)
受付で運転免許証を提示し、必要事項を記入したうえで車両の操作説明を受けている様子
メルセデス ミー東京を出発する様子

MBレントのクルマならメルセデス・ベンツならではの便利機能が満載

メルセデス・ベンツならではの機能を使って楽しくて快適なドライブへ出発!

 今回は千葉県君津市の亀岩の洞窟へ向かいますが、まずは海ほたるパーキングエリアを目指すことにしました。

「ハイ、メルセデス。海ほたるへ行きたい」。乗り込んだ後、メルセデス・ベンツ各モデルに備わる対話型インフォテインメントシステムのMBUXに話しかけて目的地を設定します。

「へぇ、これだと目的地設定がすごく簡単ですね!」と感心する藤木さん。調子にのって「ハイ、メルセデス。少し寒い」と続けます。すると、MBUXはエアコンの設定温度を少し上げてくれます。

 ホントはちょうどよい温度だったのに、MBUXを使いたいがために、つい話しかけてしまいました。

街中の取り回しの良さに加え、高速での安定性も流石のメルセデス・ベンツ

横風が強くなりがちな東京湾アクアラインでも抜群の安定性だった

 首都高速、東京湾アクアライン、館山自動車道を順調に走行し、君津市の清水渓流広場内にある亀岩の洞窟へ。ここは季節、時間帯によって、洞窟に差し込む太陽の光が水面に反射し、ハート型になるということで、ここ数年“映えポイント”として、すぐ近くの濃溝の滝とともに人気の観光スポットです。

君津市、清水渓流広場内にある亀岩の洞窟(濃溝の滝)

 藤木さんもここへは初めて訪れたらしく、あまり天気が良くない日でしたが目をキラキラ輝かせてはしゃいでいました。

「ところで、A 200 dの助手席の乗り心地はどうだった?」と聞いてみると、「すごく乗り心地がいいですよね! シートもしっかりコシがあるのに固くないから、長時間座っていても快適です。

 あと、この内装のデザインも素敵です。メルセデス・ベンツでは一番小さいモデルと聞きましたけど、高級感たっぷりだしオシャレです。

 こんなクルマがレンタカーで借りられるなんて、ドライブがいつもより楽しくなっちゃいますよね!」と藤木さん。うん、中々的を射たコメントをくれるじゃないですか。素晴らしい(笑)

幸運の鐘を鳴らせば幸せが訪れる!?
有名な濃溝の滝は、朝日の入る時間は素晴らしく幻想的な景色を見せてくれる
A 200 dはメルセデス・べンツならではのドライブ体験ができる

メルセデス・ベンツのクルマなら、いつもより安全・快適にドライブできる

木更津市にある「Farmer’s cafe」でランチタイム

 亀岩の洞窟を後にした我々は、ランチのために木更津市にある「Farmer’s cafe」へ向かいます。

 静かな立地に佇む隠れ家的な雰囲気のあるこのカフェでは、自然の素材を生かしたヘルシーでボリュームたっぷりの食事や、オリジナリティ溢れるデザートやこだわりのドリンクを楽しむことができます。

移動が快適だからこそ楽しいランチタイムが実現できる

 ランチをいただきながら藤木さんと話していると、本日借りているA 200 dの話題が尽きません。

 デザインや質感、乗り心地の良さも去ることながら、安全性能も同社のフラッグシップセダン「Sクラス」と同等だと話すと、「やっぱりドライブに出かけるなら安全が一番大切ですもんね。メルセデスのクルマなら安全・快適にドライブできますね!」と藤木さん。

 あれ、何かコメント考えておくように伝えてたっけ? と思ってしまうほどの感想を普通に話す藤木さんにちょっとびっくり。

 ランチをしながら楽しい時間を過ごせました。

 メルセデス・ベンツ レントのことを詳しく知る 

この記事の画像をもっと見る(43枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事