地図アプリとカーナビどっちが便利? 帰省前に覚えておきたいポイントとは

ナビアプリとカーナビでは、常に最新情報が反映されるナビアプリが人気です。では、カーナビはもう不要なのでしょうか。

情報量はスマホアプリが圧倒的

 最近、運転中の道案内をスマートフォンなどの地図アプリでおこなっている人が増えています。クルマに備え付けるカーナビよりも使いやすく、常に最新情報が反映されることから人気です。

スマートフォンを操作する際は、安全な場所でおこないましょう。

PRあなたにぴったりの1台を検索。在庫確認から見積もりまで可能! | 乗りものニュース中古車検索

 無料で使えるものには、「Yahoo!カーナビ」や「Googleマップ」など大手IT企業が提供するものやトヨタ発の「TCスマホナビ」など、さまざまな種類のものがあります。

 地図アプリには、リアルタイムな渋滞情報や最新道路地図をもとにしたナビ機能が備わっています。最新情報という面では、クルマに搭載されるカーナビをより優れているといえます。

 従来、通信機能のないカーナビでは、FMラジオの電波を使うか、路上に設置してあるビーコンと呼ばれる送信機のデータを受信することにより渋滞情報を更新していました。スマートフォンのアプリでは、ネット経由で情報を更新するため電波がある場所であれば常に最新の渋滞情報が反映されます。

ルート案内はスマホが優勢

 実際に前述で挙げた「TCスマホナビ」「Yahoo!カーナビ」「Googleマップ」を使用した印象では、「TCスマホナビ」「Yahoo! カーナビ」の2つは、単純に地図から最短ルートを割り出しているのではなく、クルマが通りやすい最適なルート算出しているようです。

 地図表示についても、この2つはカーナビと同様の表示が可能で、ノースアップ(常に北を表示)またはヘディングアップ(クルマの進行方向を表示)の切り替えや2Dまたは3D表示の切り替えができます。

 一方、「Googleマップ」では、ルート検索にしても、Googleの大量データから最短ルートを引き出しているようです。既存のナビとは違った道案内をされるという印象があり、新鮮さを感じることもあるほか、クルマが通れない歩道を案内する場合などもあることからカーナビとしては苦手な人もいるかもしれません。

 スマートフォンの地図アプリが一般的なカーナビに劣る点といえば、自車位置精度です。GPSを使った位置把握は互角ですが、トンネルなど山間部などGPS電波が途切れる場所では正確な位置を把握できません。

 カーナビでは、ジャイロセンサー(クルマの方向を割り出す)とタイヤの回転情報からどの方向にどれだけ進んだかを把握できるため、正確な場所を表示し続けることができます。

 実際に、都市部で使用する場合は、スマートフォンの地図アプリが優れています。しかし、郊外に行楽へいくなど電波状況が悪い場所では一般的なカーナビの方が使い勝手が良さそうです。

【了】

使いやすくなった?地図アプリを画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事