ホンダ「クラリティ PHEV」が登場! 繋がる機能も充実させて価格は588万円から

ホンダは、「クラリティ」にPHEVモデルを追加して7月20日より発売します。“人とクルマが繋がる”機能も充実させたモデルです。

ホンダ「クラリティ」にハイブリッドモデルが登場

 ホンダは、「クラリティ」シリーズにプラグインハイブリッドモデル「クラリティ PHEV」を追加し、2018年7月20日(金)に発売します。

新型「クラリティ PHEV」のEV走行距離は最大1000km以上

 新型「クラリティ PHEV」は、高い環境性能や力強いEV走行性能のほか、大人5人がゆったり座れる上質な居住空間や広い荷室スペースといった、上級セダンとしての魅力を兼ね備えたプラグインハイブリッド車です。

 ホンダの2モーターハイブリッドシステム『SPORT HYBRID i-MMD』をベースに、バッテリーの高容量化やコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能を向上。それにより、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)1114.6kmを実現。

 さらに、EV走行駆動力を大幅に向上させることで、走り出しから高速域まで、EV走行の持続範囲を大幅に拡大。3つのドライブモード『EVドライブモード』『ハイブリッドドライブモード』『エンジンドライブモード』をバッテリーの充電状態や走行シーンにより自動で最適なモードを選択できます。

 充電システムには、『普通充電ポート』『急速充電・外部給電ポート』を標準装備。対応する外部給電器を接続することにより、外部機器への電力供給も可能です。

 新型「クラリティ PHEV」は、標準装備の『ホンダインターナビで』NCSネットワークの充電器設置場所を検索できるほか、専用アプリ『Honda Remote App』から航続可能距離、バッテリー残量、車内温度の確認、エアコンのオン/オフ、クルマの施錠など“人とクルマが繋がる”先進機能を備えています。

 また、ホンダは「2030年をめどに四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指し、電動車両の開発を進めています」と説明しています。

 今回の新型「クラリティ PHEV」の発売に合わせ、NCSネットワークの充電器約2万800基を利用できるHonda独自の充電カードサービス『ホンダ チャージング サービス』を用意。さらに、全国のホンダディーラーに急速充電器の配備を進め、電動車の本格的な普及に取り組んでいくとしています。

 新型「クラリティ PHEV」は全6色展開で、価格(消費税込)は588万600円です。

【了】

新型「クラリティ PHEV」の詳細を画像で見る(29枚)

画像ギャラリー

最新記事