トヨタが王冠エンブレムを初めて採用! 2代目「クラウン」はアメリカに学んだ

クラウンと言えば、トヨタが誇る高級セダンであり、日本における高級車の代名詞とも言えるクルマです。2代目クラウンは初代の反省を活かして大幅改良を行ったモデルです。

日本の高速道路時代の幕開け

 トヨタ 2代目クラウンは、初代クラウン(当時はトヨペット・クラウン)の反省を受けて大幅な改良が与えられました。初代クラウンで国産初の高級車というひとつの金字塔を打ち立てた一方で、自動車の本場であるアメリカでの評価は散々なものになるなど辛酸をなめたトヨタは、大幅に改良した2代目クラウンを1962年に発表しました。

2代目クラウン(トヨペット・クラウン)

 折しも、日本は1964年の東京オリンピックを控えて首都高速や東名高速をはじめとした高速道路の整備が進んでおり、それに合わせてクルマの性能向上も求められました。エンジンは発売当初こそ初代クラウンと同様のものを搭載していましたが、開発時からより大型のエンジンを搭載できるように設計されており、1964年には日本初のV型8気筒エンジンを搭載し、横幅は現行の15代目よりも大きな上級モデル「クラウン・エイト」を登場させています。

アメリカのクルマへの敬意

 日本では好評だった初代クラウンも、自動車の本場であるアメリカでは単なるパワー不足のクルマという厳しい評価でした。当時世界の自動車市場をリードしていたのはGM、フォード、クライスラーの「ビッグ3」であり、日本の自動車メーカーはまだまだ発展途上だったのです。

2代目クラウン(トヨペット・クラウン)

 初代クラウンの反省を活かし、2代目ではパワーを向上させ、オートマチック・トランスミッションを採用しました。また、クルマの基本部分となるプラットフォームも、X型と呼ばれる、当時のGMが採用していたものが使用されました。また、スタイリングもフラットデッキスタイルと呼ばれる当時のアメリカ車をモチーフとしたものとなり、技術面でもデザイン面でもアメリカ車の影響が強く現れているのが特徴です。

「王冠」エンブレムが初めてついたトヨタ2代目クラウンの画像(11枚)

【格安航空券】早いほどお得に!秋・冬旅の売り出し開始

画像ギャラリー

1 2

最新記事