40年変えぬこだわり メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」乗ってわかった大きな違い

メルセデス・ベンツの最高級クロスカントリービークル「Gクラス」は、最新の技術が盛り込まれ3度目となる大幅改良が行われました。オフロード性能はそのままにオンロード性能を向上させた新型に試乗しました。

40年間変らぬ伝統的なスクエアデザインの外観 室内は大幅リニューアル!

 1979年に発売されたメルセデス・ベンツの最高級クロスカントリービークル「Gクラス」は、3度目の大幅リニューアルを行い発売されました。新型「Gクラス」は、オフロードの走行性能は維持し、オンロードでの走行性能の向上に注力されたクルマです。

新型「Gクラス」

 エクステリアは、従来型(W463)のスクエアなオリジナルの雰囲気はそのままに、各部のデザイン変更が行われています。新しいフロントリアデザインは、フロントラジエーターグリル、フロントバンパー、丸型のLEDヘッドライトやLEDリアコンビネーションランプなどを採用、最新のメルセデスデザインに変更されています。テールゲートの外側に配置されたスペアタイヤや外部のドアヒンジなどは従来モデルを踏襲しています。

 新型「Gクラス」は、利便性の中にもあえて手動で操作する部分も残されています。キーロック音や重厚なドアを閉める際の音などは、従来型を踏襲することで、伝統を堅持しています。

 今回の改良で「Gクラス」は全体的に大きくなっています。「Gクラス」の特徴でもあるフロントガラスも車両の大型化に伴い空気抵抗低減を目指しガラスを湾曲させ従来型と同等のcd値(空気抵抗係数)を維持し燃費に貢献しています。

 車体も大幅に軽量化が行われています。ボディパーツは、新しい材料構成と最適な素材を採用し約170kg軽量化されました。例えば従来型のどっしりしたドアの開閉もアルミニウム製の材料に変更したことで楽にドアの開閉が可能となりました。

現代的なデザインに変更されたインテリア

 インテリアは、今回の大幅改良でもっとも変更されたポイントで、従来型の武骨なデザインから、メルセデス・ベンツが採用する最新の洗練されたデザインに一新されています。

 12.3インチの高精細ワイドディスプレイのインストゥルメントパネルや最新デザインのステアリングなど全体を曲面でまとめ、助手席のクラブハンドルやディファレンシャルハンドルは、従来モデルからデザインを継承しており高級感のある室内のなかでも質実剛健さを残しています。

どこが変わった? 新型Gクラスの詳細を写真でチェック(画像20枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事