新型ホンダジェット「エリート」世界初公開 燃費効率アップで航続距離2661キロ実現

欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018」に先行して行なわれた発表会で、小型ビジネスジェット機「HondaJet」の最新型としてアップグレードされた新型「ホンダジェット "エリート"」を世界初公開しました。

早くも新型ホンダジェットを公開

 ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、スイスのジュネーブで5月28日(月)から開催される欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018(2018 European Business Aviation Convention & Exhibition)」に先行して行なわれた発表会で、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の最新型としてアップグレードされた、新型「ホンダジェット “エリート”」を世界初公開しました。

新型 ホンダジェット エリート

 ホンダジェット エリートは、主翼上面のエンジン配置(Over-The-Wing Engine Mount)形態や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体などのホンダジェット独自開発の技術を従来のホンダジェットから引き継いでおり、さらに複数の最新技術と装備が加えられたといいます。

 その結果、従来のホンダジェットに比べて、航続距離を約17%(+396km)延長、高周波のエンジンノイズ低減により客室内の静粛性をさらに向上、そしてアビオニクスシステムの進化により、離着陸時および飛行時の安定性や安全性などの面でもその機能をさらに強化しています。

 燃費効率も非常に優れており、同等サイズの双発ビジネスジェット機よりも温室効果ガス排出量を低減しています。これらにより、HondaJet Eliteは、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性、室内サイズおよび航続距離を実現しています。

 ホンダジェット エリートは、2018年4月に米国連邦航空局(FAA)の型式証明を、また今月には、欧州航空安全局(EASA)の型式証明を取得したということです。

 ホンダ エアクラフト カンパニー社長 藤野道格氏は、「ビジネス航空ショー(EBACE)でホンダジェット エリートをご紹介することができ、嬉しく思います。ホンダジェット エリートは、性能、移動の効率、および環境において、ビジネス航空業界に新たな価値の創造を追及し続けるという我々の決意を表すものです。進化した技術を追加することで、性能、快適性、そしてデザイン性をさらに向上させたホンダジェット エリートは、小型ビジネスジェット機の新たなスタンダードとなると期待しています」と語っています。

●ホンダジェット エリートの主な特徴

・航続距離:クラス最長の1,437ノーティカルマイル※2(約2,661km)

・ノイズ低減エンジンインレット(空気取り入れ口構造):エンジンインレットに、客室内のノイズを低減する新構造を採用

・飛行マネジメント機能:すべての飛行フェーズにおいて速度や巡航高度、燃料消費率などを最適化する飛行計画を自動作成

・離着陸距離マネジメント機能:気温や標高、機体重量などに基づき必要滑走路長、Vスピードおよび適正な上昇/進入角度などを自動計算

・機体安定性及び安全性強化機能:運用限界を超える領域での飛行を防ぐ機能

・ゴーアラウンド時の自動操縦機能:ゴーアラウンド時にも自動操縦機能を保持し、パイロットの負荷を軽減

・機体カラーに新しい特別色を追加:アイスブルー(Ice Blue)/ルビーレッド(Ruby Red)/マナークオレンジ(Monarch Orange)の三色を追加

・Bongiovi(ボンジョヴィ)オーディオシステム:航空業界初のスピーカーレス室内音響システム

【了】

ホンダジェットの室内等、写真で見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事