トヨタ、新型「C-HR」発売 流れるウインカー標準装備、ターボモデルに2WD追加

トヨタは2018年5月7日(月)、一部改良を施した新型「C-HR」を発売しました。今回、一部改良した新型「C-HR」の価格(消費税込)は、229万円から292万9200円です。

トヨタ、人気SUVの「C-HR」を一部改良

 トヨタは2018年5月7日(月)、一部改良を施した新型「C-HR」を発売しました。

トヨタ 新型「C-HR」

 今回の一部改良では、1.2リッターターボ車に、新たに2WD車を追加設定。さらに、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を新たに標準装備しました。

 シーケンシャルターンランプは右左折時に、車両内側から外側に流れるように点灯するウインカーです。

 またボディカラーでは、新規設定色「ネビュラブルーメタリック」を含むモノトーン8色、新規設定色「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」を含むツートーン8色の全16色設定となっています。

 新型「C-HR」の価格(消費税込)は、229万円から292万9200円となっています。

【了】

SUV販売ナンバー1の「C-HR」を写真で見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事