日産とオーテックジャパン、セレナ e-POWERの福祉車両等「バリアフリー2018」に5台を出展

日産とオーテックジャパンは、4月19日(木)から21日(土)までの3日間、インテックス大阪で開催される、「バリアフリー2018」に、ライフケアビークル(LV)を5台出展します。

新型「セレナ e-POWER」チェアキャブスロープタイプ等を出展

 日産とオーテックジャパンは、4月19日(木)から21日(土)までの3日間、インテックス大阪で開催される、「バリアフリー2018」に、ライフケアビークル(LV)を5台出展します。

セレナ e-POWER チェアキャブスロープタイプ

 今回の「バリアフリー2018」では、新電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、「セレナ e-POWER チェアキャブスロープタイプ」や、福祉施設や病院の送迎用として活躍する「NV350キャラバン チェアキャブ」など、計5台を展示するとしています。

 日産は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」、「知能化」に向けた技術開発を進めていますが、ライフケアビークルにおいても、「出かける喜びを一人でも多くの方へ」というテーマのもと、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化する先進技術の搭載を推進していくとしています。

 日産グループでは、ユーザーの生活のいろいろなシーンで役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインアップを揃えています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(1枚)

画像ギャラリー

最新記事