ランボルギーニ・ウラカン 4年で1万台生産と発表

ランボルギーニは、ウラカンの生産台数が1万台に到達したと発表し、2017年世界納車台数の6割強をウラカンが占めると発表しました。

製造番号10000番のウラカンはカナダへ

 ランボルギーニは、ウラカンの生産台数が4年で1万台に到達したと発表しました。

1万台生産された「ウラカン」

 記念すべき製造番号10000番のウラカン・ペルフォルマンテは、カナダのオーナーへ出荷されています。

 出荷されたウラカンは、1月にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催された2018年デイトナ24時間レースでクラス優勝した#11ウラカンGT3と同じ、Verde Mantis(グリーン)のカラーが施された1台です。

 2017年は、ランボルギーニの世界納車台数が3815台に達した記録的な年で、そのうち2642台のウラカンがボロネーゼの工場で生産され、2016年比で12%増を記録しています。

 ウラカンは、2014年に販売開始されたランボルギーニのV10モデルで、現在6車種が生産されています。

 今月開催されたジュネーブモーターショーで発表されたウラカン・ペルフォルマンテのクーペとスパイダーは、それぞれの4輪駆動車と2輪駆動車が発表されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事