• くるまのニュース
  • ニュース
  • ランボルギーニ、日本導入は夏以降「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」をジュネーブショー2018で公開

ランボルギーニ、日本導入は夏以降「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」をジュネーブショー2018で公開

ランボルギーニは、スイス・ジュネーブで開催中のジュネーブショー2018で「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」を発表しました。

究極の走りを楽しめるオープンスーパーカー登場

 アウトモビリ・ランボルギーニは、スイス・ジュネーブで開催中のジュネーブショー2018にて、パフォーマンス、オープンエアー走行の究極の組み合わせた「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」を公開しました。

アウトモビリ・ランボルギーニCEO のステファノ・ドメニカリ

 アウトモビリ・ランボルギーニCEO のステファノ・ドメニカリは、「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは、ウラカンで開発された技術の頂点とコンバーチブルの高揚感を一つにしました。ウラカン・ペルフォルマンテは、サーキットと公道のどちらでも最高の路面からのフィードバックとエモーションが得られました。

 一方で、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーはドライバーをより路面に近づけ、風とランボルギーニの自然吸気エンジン独特の響きを感じることができます」と述べています。

20180307_lambo_huracan_002.jpg 20180307_lambo_huracan_003.jpg
20180307_lambo_huracan_002.jpg 20180307_lambo_huracan_003.jpg

 ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは、5.2リットルのV10自然吸気エンジンを搭載したフルタイム4WD車で、0-100km/h加速を3.1秒、200km/h加速を9.3秒で実現し、最高速度はウラカン・ペルフォルマンテ・クーぺの325km/hに肩を並べています。

 アルミニウムのボディ全体に採用されたカーボンファイバーは、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー(車両重量:1507kg)の軽量化を示し、ウラカン・スパイダーに比べ35kgの重量削減を実現しています。オープントップのデザインは、ルーフの開閉どちらの状態でも、クーペとは全く違う性格を持ちます。

 ランボルギーニが特許を取得し、複雑な形状が可能なフォージドコンポジットをウラカン・ペルフォルマンテで導入したアクティブ・エアロダイナミクス・システムALAの機能部品(フロントとリアのスポイラー、エンジンボンネット、リアバンパー、エアロダイナミック・ディフューザー)に採用しています。

 ALAシステムは、高ダウンフォースや低ドラッグを必要とする場面で空力負荷を変えるほか、コーナリング中にウイングに掛かる空気の圧力を左右で変えるエアロ・ベクタリングを発動させ、サーキットでも公道でも、状況を選ばず優れたドライビングダイナミクスを実現します。車のセットアップとALAシステムの起動を500ミリ秒以下で行い、いかなる走行条件の下でも最良の空力設定を保証しています。

17秒で開閉可能なルーフ

 軽量の電動油圧式ルーフは、剛性、ハンドリング、パフォーマンスはそのままに、開閉どちらの状態でもウラカン・ペルフォルマンテの特徴的なラインを引き立たせ、超高性能スーパー・スポーツカーの剛性を持っています。また、走行速度50km/hで、17秒で開くルーフは、リアウインドウも電動開閉ができ、閉じた場合には風よけとして機能します。

 ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの最初のデリバリーは2018年夏以降を予定し、日本での価格は3561万3532円(税抜)てす。

【了】

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事