スズキ、爽快なスポーツライディングを実現する「GSX‐S1000F ABS」に新色を3色追加し発売

スズキは、スーパースポーツバイク「GSX‐R1000」のエンジンをベースに街中での使いやすさを重視し改良した「GSX‐S1000F ABS」に新色を追加し発売しました。

ストリートの野獣に新色追加

 スズキは、「GSX‐S1000F ABS」に新色を3色追加して2月9日に発売しました。

 新色は、「グラススパークルブラック」「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」の3色展開です。

「GSX‐S1000F ABS」は、スーパースポーツバイク「GSX‐R1000」(海外向けモデル)のエンジンをベースとし街中での使いやすさを重視し改良した直列4気筒エンジンを搭載しています。

 ライダーズシートは、スポーツライディングに最適化した形状とし、自由度の高い運転姿勢と高いグリップ性を実現しています。

 ライディングポジション(運転姿勢)は、街中からワインディング(峠道)までの多様な走行シーンにおいて軽快で自然なハンドリングと、アップハンドルによる前傾の少ない疲れにくいポジションを実現しています。

「狩りをする野獣」をコンセプトにデザインされた、低く構える野獣を想起させるボディ形状は、「GSX‐S1000F」には高速走行や長距離ツーリング時の快適性を高めるフルカウル(風防)を採用しています。

 エンジンスタート時は、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」をスズキの大型二輪車で初めて採用しています。

「GSX‐S1000F ABS」のメーカー希望小売価格(消費税込み)は、118万5840円です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事