全長約4m! 斬新すぎる「小さい“アメ車”」がスゴい! 中身はトヨタの小型SUV!? 428万円で買える「Havana」とは?

トヨタ「ライズ」を“アメリカンクラシックカー”にカスタマイズした「ハバナ」が「東京オートサロン2023」に出展され、話題となりました。このハバナは実際に購入できるのですが、どのようなモデルなのでしょうか。

角目がレトロ! アメリカンな小型SUVの正体は?

 トヨタ「ライズ」は、ダイハツ「ロッキー」のOEM車として2019年11月に登場した小型SUVです。
 
 全長4mを切ったコンパクトなサイズ感による取り回しのしやすさや、SUVらしい力強いデザイン、たくさんの荷物を搭載できる広いラゲッジスペースを備え、小型SUVのなかで随一の人気を誇ります。

「ライズ」をアメ車カスタムした「ハバナ」
「ライズ」をアメ車カスタムした「ハバナ」

 パワートレインは当初1リッターターボのみでしたが、2021年11月の商品改良で1.2リッターガソリンおよび、1.2リッター+モーターの「e-SMART」を搭載したハイブリッド車をラインナップに加えています。

 そんなライズには、カスタマイズカーの企画・販売などをおこなうアルパインニューズが手掛けた大胆なカスタムコンプリートカーが存在します。

 それが、「東京オートサロン2023」に出展されて話題となった「Havana(ハバナ)」ですが、一体どのようなモデルなのでしょうか。

 ハバナは、南米キューバの首都ハバナを今も現役で走るアメリカンクラシックカーをイメージし、レトロなスタイリングに仕立てています。

 フロントフェイスはスクエアな格子状の大型グリルを配置。左右には角型1灯のLEDヘッドライトを組み合わせました。

 フロントバンパーも張り出しの大きいメッキバンパーしたほか、リアもメッキフレームが目立つ角型のテールランプを採用するなど、ボディ全体にメッキパーツが多用され、小型SUVでありながらダイナミックな印象です。

 また、テールゲートにはウッド調のデカールが施されたほか、メッキホイールとホワイトレタータイヤのコーディネートによって旧車風のデザインを強調。

 もはやライズの面影はなく、アメリカンテイストを感じさせるユニークなモデルに仕上がっています。

 パワートレインは、1.2リッターガソリンと1リッターターボが用意され、駆動方式は1.2リッターガソリンが2WD、1リッターターボが4WDです。

※ ※ ※

 ハバナの価格は1.2リッターガソリンが428万円、1リッターターボが458万円です。

 原材料と製造加工費用の高騰および車両価格の上昇などに伴い、2024年5月受注分からこの価格に値上げされています。

【画像】カッコいい! これが「小さいアメ車SUV」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー