日産「新型スカイライン」発売へ 歴代最強の「匠“手組み”エンジン」×「旧車風デザイン」採用! 「スゴく特別なスカイライン」今夏登場

日産は2024年夏に新型「スカイラインNISMO Limited」を発売します。どのようなモデルなのでしょうか。

「スカイライン GTの集大成」 まもなく登場…

 日産は2024年夏に、新型「スカイラインNISMO Limited」を発売します。
 
 一体どのようなモデルで、通常の「スカイライン」とはどう異なるのでしょうか。

「スカイラインGTの集大成」
「スカイラインGTの集大成」

 スカイラインは1957年に登場しました。スポーティな6気筒エンジンやハンドリングに優れたFR(後輪駆動)駆動を採用するなど、国内におけるスポーツセダンの代名詞として知られています。

 後に2ドアクーペや5ドアステーションワゴンなども設定されましたが、いずれも現在は消滅しています。

 現行型は13代目で2013年11月に発表。プレミアム性を高めるとともに、先進機能の採用や歴代初のハイブリッド車の設定など、全面にわたって進化を遂げました。

 登場後は数度の大規模改良が実施されており、先進運転支援「プロパイロット2.0」を搭載するグレードなども用意されました。

 現在はラインナップが縮小され、2タイプの3リッターV型6気筒ツインターボエンジン搭載車のみの展開となったほか、日産が販売するセダンとしては国内最後のモデルになりました。

 2023年9月には特別仕様モデルとしてスカイラインNISMOが発売。日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)が展開する「NISMO」ブランドによって専用チューニングが施されています。

 コンセプトは「The Skyline GT よみがえれ、羊の皮を被った狼」。高性能モデルの走りである「スカイライン GT」原点への敬意を示し、グランドツーリングカーとしての集大成を目指したといいます。

 スカイラインの標準車に設定されているハイパフォーマンスグレード「400R」がベースで、パワーユニットの出力を向上。最大出力420馬力・最大トルク550Nmを発生。歴代スカイライン(GT-R除く)最強スペックとなりました。

 さらに、スーパースポーツ「GT-R NISMO」と同様のフロントウインドウ接着剤の使用によりボディ全体の剛性向上を図ったほか、専用チューニングサスペンションやスタビライザーの装着、ミッションなど各種制御も専用としています。

 エクステリアでは、レースで驚くべき活躍を見せた2代目スカイライン GT(S54A-1型)をはじめ、歴代スカイラインをオマージュした意匠を取り込みました。

 ボディカラーは「NISMOロードカー」シリーズに共通するステルスグレーを設定。各部にNISMOシリーズ共通のレッドアクセントを施しました。

 また、スクエア形状のロアグリルや専用フォグランプ、リアフォグランプなどはスーパースポーツカー「GT-R NISMO」(2024年・2025年モデル)や「フェアレディZ NISMO」と共通する、空力性能を追求した同様のデザインとなっています。

 インテリアではドライビングに集中できるよう上質で落ち着いた黒基調で統一。センターコンソールやステアリングにはレッドのアクセントを施し、ステアリングにはセンターマークもあしらうなど、スポーティさも強調されています。

 このほか、280km/h表示の専用メーターや、オプションとしてカーボン製加飾パネルとレカロ製スポーツシートを用意します。

 そして、スカイラインNISMO Limitedは、このスカイラインNISMOをベースに、さらにこだわりと作り込みがなされたモデルです。

 スカイラインGTの誕生60周年を記念し、日産としても特別な場所である横浜工場の「匠ライン」で、特別な資格を持つ匠が一基ずつ手組みで作り上げる高精度なエンジンを搭載。

 エンジンは、バルブクリアランスを髪の毛の太さと同程度の20マイクロメートル差まで抑えることで、性能のバラつきを極限まで低減。その証として、エンジン組み立て担当者を記した匠ラベルが貼付されました。

 エクステリアでは、ボンネットに専用デカールが貼付されたほか、艶消しガンメタリック塗装のホイールを特別装備しています。

 インテリアではレカロ製スポーツシートとカーボンパネルを標準装備し、20kgの軽量化を実現。100台限定を刻印した専用シリアルナンバープレート、専用エンブレムを装着しています。

 その後、出荷検査でも特別走行メニューが追加されており、ATの変速精度が調整された状態で納車されるなど、これまでにない特別な価値が付加された貴重なモデルです。

 新型スカイラインNISMO Limitedは100台の抽選販売(すでに終了)となり、価格(消費税込)は947万9800円。スカイラインNISMOに対し159万9400円高の設定となっています。

【画像】超カッコイイ! これが「特別なスカイライン」です 画像で見る(76枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー