三菱が新型「コンパクト“ミニバン”」実車公開! 全長4.4m級ボディの「3列7人乗り」仕様! SUV並みの“走行性能”有する「エクスパンダー」タイで実車展示

2024年7月に開催されたファストオートショータイランド2024で、三菱のタイ法人は「エクスパンダーHEV」を展示しました。

コンパクトミニバン「エクスパンダーHEV」が実車展示

 三菱のタイ法人は、2024年7月3日から7日までタイのバンコクで開催された「ファストオートショータイランド2024」でブース出展を実施。
 
 ブース内には、「エクスパンダーHEV」を展示していました。

三菱の3列7人乗り「コンパクトミニバン」とは?
三菱の3列7人乗り「コンパクトミニバン」とは?

 ファストオートショータイランドは毎年7月頃に開催される新車と中古車の展示販売会で、今年で12回目の開催。

 現地の自動車ファンが楽しめる充実したモーターショーの1つとして人気を博しています。

 そのなかで三菱のタイ法人は、コンパクトミニバンであるエクスパンダーHEVを展示していました。

 エクスパンダーは2017年に初代モデルが登場。

 3列シート7人乗りのコンパクトミニバンとして、主にインドネシアやタイなどのASEAN地域を中心に販売されています。

 そして2022年3月にマイナーチェンジが施され、2024年2月には三菱初のフルハイブリッドモデルとしてエクスパンダーHEVがデビューしました。

 ボディサイズは全長4475mm×全幅1750mm×全高1730mmで、ホイールベースは2775mmです。

 最低地上高は205mmとSUV並みで、悪路走行時にも十分な性能を発揮します。

 エクステリアは、フロントに台形モチーフの大型グリルとバンパーを組み合わせた三菱のダイナミックシールドデザインを採用し、SUVらしい力強さを演出。

 テールライトには特徴的なLシェイプデザインを用いて、ダイナミックかつスポーティな印象を強調しています。

 一方インテリアは、ダイヤモンドパターンのレザーシートを採用。

 高級感と広々とした快適な車内空間を提供しています。

 また機能面では積極的なEV走行と様々な天候や路面で安全・安心の走行性能を実現する、新開発の7つのドライブモードを用意されたことにより、幅広い路面環境でドライブを楽しむことが可能です。

 パワートレインには、最高出力95馬力・最大トルク134Nmを発揮する新開発の1.6リッター直列4気筒エンジンに、最高出力116馬力のモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。

 これらに1.1kWhのリチウムイオンバッテリーが組み合わされ、従来のガソリン&CVTモデルから、ガソリンエンジン単体で約10%、ハイブリッドシステム全体では市街地で約34%、高速走行も含めた複合燃費で約15%の低燃費が実現されているとのことです。

 エクスパンダーHEVの現地販売価格は、93万3000バーツ(約411万8000円)です。

※ ※ ※

 ファストオートショータイランド2024の三菱ブースでは、エクスパンダーHEVの他に、クロスオーバーミニバンの「エクスパンダークロスHEV」や、本格オフロードSUVの「パジェロスポーツ」、さらにピックアップトラックの新型「トライトンアスリート」なども展示されました。

【画像】超カッコイイ! これが三菱の「“3列7人乗り”コンパクトミニバン」です!(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー