「“2列6人乗り”ミニバン」がスゴイ! 「前列3人シート」って便利!? “クセ強”な座席のクルマ3選

現在のミニバンでは2列シート4人/5人乗りや3列シート6人/7人乗りが主流ですが、過去には2列シート6人乗りのクルマが存在していました。今回は個性あふれる斬新なシートレイアウトのクルマを3台紹介します。

今は無き「2列シート6人乗り」のミニバンとは?

 ミニバンといえば、2列シート4人/5人乗りや3列シート6人/7人乗りが主流ですが、1990年代後半から2000年代にかけて2列シート6人乗りのクルマが存在していました。
 
 前列に3人乗れる斬新なシートレイアウトは、当時多くの注目を集めましたが、現在のミニバンでは採用されていません。
 
 今回は個性あふれる2列シート6人乗り仕様のクルマを3台紹介します。

今は無き「前列3人乗り」のミニバンとは?
今は無き「前列3人乗り」のミニバンとは?

●ホンダ「エディックス」

 エディックスは2004年に発売されたホンダのミニバン。

 ボディサイズは全長4285mm×全幅1795mm×全高1610-1635mmと、現在のトヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」に近いサイズ感です。

 エクステリアはショート&ワイドなボディを活かしながら、まるで疾走するアスリートの筋肉を思わせる有機的で躍動感にあふれたデザインを採用。

 そして最大の特徴であるインテリアには、前列、後列とも横3名分の独立したシートが設置された2列シート6名乗車のレイアウトとなっています。

 また6席は全て独立して前後にスライドでき、フル乗車時にはV字に配列することで乗員同士の肩が触れないような工夫も施され、さらにルームミラーをセンターではなくドライバー側にオフセットして設置。

 そのほかサンバイザーが3つ装備されるなど、様々なアイディアが盛り込まれました。

 パワートレインは、発売当初には1.7リッターおよび2リッター直列4気筒エンジンをラインナップ。

 その後パワー不足という意見もあったため、後期型では2.4リッター直列4気筒エンジンが追加されました。

 発売当時は個性的なミニバンとして大いに話題となりましたが、同時期に2列シート5人乗りや3列シート6人/7人乗りのコンパクトカーやコンパクトミニバンが次々に登場。

 これらの方が使い勝手や販売面でも軍配が上がった結果、エディックスは人気を集めることができず、2009年に1代限りで生産を終了しました。

●日産「ティーノ」

 ティーノは1998年にオールマイティに使えるハイトワゴンとしてデビュー。

 ボディサイズは全長4270mm×全幅1760mm×全高1610mmと、ワイドかつショート、そしてハイトな独特のプロポーションを有します。

 エクステリアはフロントフェイスのウイング状グリルによって、当時の日産の新しいアイデンティティを採用。

 そしてインテリアには、2列6人掛けのシートを配置します。

 前席はベンチシート風の3人掛けで左右のウォークスルーも可能ですが、中央席は盛り上がっているうえ、フロアトンネルもあることから、実際に所有していたユーザーの声では、子供用もしくは緊急用として活用されていたとのこと。

 一方、後席は前後に200mmスライドさせることができ、1人分ずつ脱着したり、折り畳むことができるなど、多彩なシートアレンジを有し利便性に貢献しています。

 また、うねるようなラウンド形状のインパネは、発売当初、有機的かつ未来的だという点で高い評価を得ていたとのことです。

 パワートレインは1.8リッターまたは2.0リッターの直列4気筒エンジンを設定。

 そして2000年には日産初のハイブリッドモデルとして、2.0リッター直列4気筒エンジンにモーターを搭載した「ティーノ ハイブリッド」が100台限定で生産されましたが、人気には火がつかず、2003年に生産終了しました。

●フィアット「ムルティプラ」

 ムルティプラは過去にフィアットが発売、製造していたクルマです。

 なかでも1998年から2003年までの前期モデルは、まるで両生類のようなデザインを有し、「世界で最も醜いクルマランキング」では、常に1位か2位に付ける存在となっています。

 その特徴的なエクステリアに着目すると、上下2個ずつ配置された複眼の昆虫を彷彿とさせるヘッドライトを採用。

 またキャビンのデザインは、当時クルマにクルマがめり込んだようだと揶揄されていました。

 そしてインテリアも個性的で、特にセンターに配置されたインパネは昆虫の巣のような、円や曲線を用いた唯一無二なデザインを採用しています。

 シートレイアウトは2列シートながら前席に3人、後席に3人が乗車可能なうえ、運転席以外は個別に折り畳んだり取り外したりでき、機能も個性的。

 それらを実現するボディサイズは全長4005mm×全幅1870mm×全高1670mmと、全長に対してかなりワイドに作られ、そのプロポーションも不評を得ていました。

 パワートレインは1.6リッターまたは1.9リッターの直列4気筒エンジンに、トランスミッションは5速MTを採用。

 その独特なデザインが大きく酷評されたことを受け、フィアットは2004年にフロントフェイスのデザインを大幅に変更した後期型を発表。

 しかし、あまりにも普通なデザインになったことで、あえて前期型を好むファンも多いという皮肉な結果となり、2010年に生産終了しました。

【画像】「えっ…マジ!?」 これが「前席3人乗り仕様」の斬新ミニバンです!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー