スバルの新型「“黒顔”SUV」初お披露目! タフ感高すぎる「AXIS GEAR」! 市販化検討の「クロストレック用パーツ」実車展示

アフターパーツメーカーのAXIS PARTSが、スバル「クロストレック」にアクセサリーアイテムを施した「CROSS-TREK AXIS GEAR A-TRAS パッケージ」を「東京アウトドアショー 2024」にて実車展示しました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

タフ感すごいスバル「クロストレック AXIS仕様」が実車展示!

 2024年6月28日より幕張メッセで開催された「東京アウトドアショー 2024」では、アウトドアやレジャーシーンで活躍するさまざまなクルマが並びました。

 なかでもパーツメーカーのAXIS PARTSが、スバル「クロストレック」に新製品のアウトドアアクセサリーブランド「AXIS GEAR」のアイテムを施した「CROSS-TREK AXIS GEAR A-TRAS パッケージ」を実車展示しました。どのようなクルマなのでしょうか。

超カッコイイ…「AXIS GEAR」とは
超カッコイイ…「AXIS GEAR」とは

 主に国産車のカスタムパーツの製品開発、販売を行うAXIS PARTSは、今回の東京アウトドアショーで自社オリジナルのアウトドアアクセサリーブランド「AXIS GEAR」を展開。

 ブースでは、新製品の拡張ラックシステム「A-TRAS(アトラス)」をクロスオーバーSUVクロストレックのラゲッジに取り付けた様子が公開されていました。

 こだわりのポイントについて、AXIS PARTSの担当者は以下のように話します。

「今までインスタグラムなどで発信をおこなってきましたが、車に取り付けた状態での実車展示は初めてです。

 アトラスのポイントとしては、ボルトオンで取り付けることができて、あとからボルトをつけるために穴を開けたりなどの加工を必要がない点ですね。

 手軽につけられるので、クルマを傷つけることなく取り付けることができます。

 またカーボン素材を使っているので、軽量で丈夫な部分もこだわりです」

 アトラスは、軽量で高強度のカーボンパイプと機能性の高い高品質なジョイントパーツで構成されており、小型SUVから大型SUVまで幅広く対応した利便性を高めたアイテムとなっています。

 ラインナップとして、荷室のサイドにボルトオンで取り付けられるベーシックキットは、トランク周りの左右の壁、天井に収納を増やすことが可能。

 このほか、ベーシックキットの下部にモールパネルを2枚追加したプロユースキット、後部座席の上にも収納を追加できるプレミアムキットも展開。

 その他マルチフックバンドやLEDライト、ケースなどのオプションは開発中とのこと。

 7月から販売開始されており、価格はベーシックキットが4万9000円から(予価)です。

 また今回、クロストレックの外装にもAXISオリジナルパーツが施され、ドアハンドルやサイドプロテクター、カーボンマルチテーブル、ステップガードなどブラックでタフに施されたアイテムが備わっていました。

 外装デザインについて、前出の担当者は以下のように話します。

「エクステリアパーツは参考出品で、市販化するかどうかは現在検討段階です。
 
 今回のイベントなどでお声があれば市販化する可能性もあるかもしれません」

 会場では、荷室のアクセサリーパーツはもちろん、クロストレックに上手く馴染むエクステリアデザインを興味津々に見る様子など、多くのユーザーの目を引く様子がうかがえ、注目を集めた1台となっていました。

【画像】超カッコイイ! スバルの新型「”黒顔”SUV」を画像で見る(34枚)(30枚以上)

えっ…!かっこよすぎる!すばるのニュースを見る!

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. こういうとって付けた感のある樹脂パーツを多用した車って全部安っぽく見えると思うのだけれど。
    あからさまな欧州メーカーの真似したり、エンブレム回りをとってつけた樹脂のガーニッシュにしたり
    商品開発期間が少ない大衆車ブランドはどうしてもデザインが練られていないチープのデザインのまま見切り発車しているとしか思えない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー