「洗車機は“キズ”がつく」は「古い常識」ってマジ!? 謎の「スゴイ洗車機」増加中? 意外と知らない“正しい”洗車機の使い方とは

最新の洗車機では技術が進化したことで、かつてのように「洗車機でクルマに傷がつく」といった事態は飛躍的に改善されているといいます。どのような進化をしたのでしょうか。そして洗車機を使う際、事前に気をつけるべき点についても紹介します。

「洗車」マニアがオススメする「正しい洗車」とは

「洗車機でクルマに傷がつく」という話を聞くことがありますが、最新の洗車機では技術が進化したことで飛躍的に改善されているといいます。
 
 古い常識をくつがえす、最新の「洗車機」との正しい付き合い方について紹介します。

「手洗い洗車」は面倒だけど「洗車機」だと傷がつきそう……そういう常識は「もう古い」ようです![イメージ画像:AdobeStock]
「手洗い洗車」は面倒だけど「洗車機」だと傷がつきそう……そういう常識は「もう古い」ようです![イメージ画像:AdobeStock]

 洗車機はクルマにキズがつきやすいというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 しかし最近の洗車機の技術は進化し、状況が変わってきているようです。

 この「洗車機でクルマが傷つく」というイメージは、なぜ生まれたのでしょうか。

 かつての旧式洗車機では、硬いナイロンやプラスチック製のブラシを使用していました。これらのブラシは金属で引っかいたほど深いキズにはならないものの、塗装の柔らかい面にごく浅い洗車傷をつけることがありました。

 この経験から、洗車機でクルマが傷つくというイメージが根強く残っているようです。

 洗車機でキズを作らないためには、洗車機選びも重要になります。

 皆さんは「ノーブラシ洗車機」というものをご存知でしょうか。ノーブラシ洗車機とは、その名の通りブラシが付いていない洗車機です。

 外観は通常の洗車機とほとんど変わらず、クルマをコの字型のゲートの下に置くとゲートが自動で動き出します。

 このノーブラス洗車機では高圧水とカーシャンプーが使用され、実際にクルマのボディを洗う工程は、人の手を加えない水洗いのみのコースのほか、ドライバー自身で行うことも可能です。

 さらに、洗車機の近くにはスタッフが常駐しており、ホイールや足回りの洗車なども補助してくれるサービスを提供する店もあります。この場合、完全に機械に任せるのではなく、半分人の手が加わる形の洗車になります。

 これなら機械がクルマに直接触れることがないため、洗車機に対して苦手意識を持っている人でも安心して利用できるのではないでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが「正しい」洗車のやり方です! 画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー