「日本一売れたクルマ」が交代! 唯一の“10万台”超えで「王座」を奪取! 超人気の「背高モデル」根強い支持の理由とは

ホンダは「N-BOX」の2024年上半期における新車販売台数ランキングで1位を獲得したと発表しました。詳しく見てみましょう。

再び「王座」を奪還!

 2024年7月4日、ホンダは軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」の2024年上半期(1~6月)における販売台数が、登録車を含む新車販売台数において1位を獲得したと発表しました。
 
 また、同車は2024年6月における軽四輪車の新車販売台数でも1位を獲得しており、これは同年5月にスズキ「スペーシア」に奪われていた1位の座を奪還した形になります。

再び「王座」を奪還したモデルとは!
再び「王座」を奪還したモデルとは!

 この発表によると、N-BOXの2024年上半期の販売台数は10万680台にも上り、今年国内で販売されたすべての車種において唯一“10万台”を超えたモデルとなりました。

 同時にN-BOXは、全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)調べによる2024年6月の「軽四輪車 通称名別新車販売台数」でも1万6803台を記録し、2位のスペーシアの1万2425台を4000台以上リード。

 前月度に、スペーシアと2年ぶりに交代していた「軽No.1」のポジションをわずか1ヶ月で再び取り戻したことで、長年「日本一売れたクルマ」と呼ばれ続けるN-BOXの人気の根強さを改めて示すことになりました。

 また、このN-BOXの人気と魅力について、ホンダは以下のように発表しました。

「N-BOXは、質感の高いデザインや軽乗用車最大級の室内空間に加え、開放感のあるすっきりとした視界により、運転がしやすく居心地の良い空間を実現しています。

 走行性能では、力強い走りと優れた燃費性能を両立したパワートレインにより、操縦安定性と乗り心地の良さ、上質な走りが評価され、幅広い層のお客様にご愛用いただいています。

 また、先進の安全運転支援システム『ホンダ センシング』を標準装備としており、2023年度には自動車の安全性能を試験・評価するJNCAPにおいて最高評価となるファイブスター賞を受賞するなど、安全面でも高い評価をいただいています。

 さらに新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール『ホンダコネクト』により、より安心・快適なカーライフをお客様に提供します。

 これからもN-BOXは、日本中のお客様の豊かな暮らしに貢献していきます」

【画像】「えっ…!」これが斬新なホンダ「N-BOX SUV」です!(16枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 新型N-BOXの記事のはずなのに、写真が先代型N-BOXまたはN-BOXカスタムの写真ばかりです。 他の記事でもこの傾向は強く、何か意味があるのでしょうか。 知らない人には誤解を与えると思うのですが。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー