マツダ、ヤマハ、ホンダ、スズキの「認証不正」どうなった? 調査結果を国交省が公表! マツダは同日にコメント発表

型式指定申請における不正行為の報告があったマツダ、ヤマハ、ホンダ、スズキの不正行為に関する調査結果を国土交通省は発表しました。

自動車メーカー4社の不正行為、どうなった?

 2024年6月28日に国土交通省は、型式指定申請における不正行為の報告があったマツダ、ヤマハ、ホンダ、スズキの不正行為に関する調査結果を発表しました。

国土交通省は自動車メーカー4社の不正行為に関する調査結果を公表。同日にマツダもコメントを出している
国土交通省は自動車メーカー4社の不正行為に関する調査結果を公表。同日にマツダもコメントを出している

 国土交通省は、2024年5月末までに不正行為の報告のあった、マツダ、ヤマハ、ホンダ、スズキに対して、同年6月5日から順次立入検査を実施していました。

 この立入検査において、4社から報告があった不正行為の事実関係や、組織体制等を確認。

 また、マツダ、ヤマハ、ホンダにおいては再発防止策を実施中であること。

 スズキにおいては再発防止策の実施を完了していることを確認したと言います。

 なお、4社において新たな不正行為は発見されなかったことも明かされました。

 さらに立入検査の結果を踏まえ、型式指定申請における不正行為の再発を防止するために、マツダ、ヤマハ、ホンダに対し、それぞれが策定した再発防止策の実施や、その状況について当分の間、半年ごとに報告するよう国土交通省は指導したとしています。

 4社において不正行為が確認された車種の基準適合性の確認結果については、不正行為が確認された計31車種について基準に適合していることを確認。

 これにより、マツダ、ヤマハに対する現行生産車計3車種(マツダ2車種、ヤマハ発動機1車種)の出荷停止の指示を解除することも明かされています。

 本件に関してマツダは同日に次のようなコメントを公表しました。

「国土交通省から、本事案に対する指導、基準適合性の確認結果および現行生産車の出荷停止指示の解除などについて公表がありました。

 この中で、立入検査の結果を踏まえ、当社にて策定した再発防止策を確実に実施するとともに、その実施状況について、当分の間、半年ごとに報告するよう指導がありました。

 なお、対象の5車種については、基準に適合していることを国土交通省に確認いただいております。

 これに伴い、出荷停止としていた現行生産車2車種について、速やかに出荷・生産を再開いたします。

 この度の指導を真摯に受けとめ、今後、全社で再発防止の取り組みを確実に実施し、信頼回復に努めてまいります」

※ ※ ※

 なお型式指定申請における不正行為の有無等に関する調査は、6月28日までに調査継続中であった17社のうち15社から不正行為はない旨の最終報告があったことを国土交通省は明かしています。

 今後、調査継続中の2社(トヨタ・カワサキモータース)の調査結果も近日中に公表される予定です。

【画像】カッコいい! これが「すごいロードスター」です! 画像を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー