ダイハツの「認証不正問題」どうなった? 基準適合性の確認が終了! グランマックス含む3車種はリコール対応に

2023年12月に世間を騒がせたダイハツの認証不正問題。2024年6月25日に国土交通省は、ダイハツの不正事案に係る基準適合性の確認結果について、全ての車種の確認が終了したことを明かしました。

国土交通省がダイハツ車の「基準適合性の検証」結果公表

 2024年6月25日に国土交通省は、ダイハツの不正事案に係る基準適合性の確認結果について、全ての車種の確認が終了したことを明かしました。

 同時にダイハツも本件に関する発表を行っています。

ダイハツの不正事案に係る基準適合性の確認結果について、全ての車種の確認が終了! ここから再出発を図る!
ダイハツの不正事案に係る基準適合性の確認結果について、全ての車種の確認が終了! ここから再出発を図る!

 世間に大きな衝撃を与えたダイハツの不正事案。

 もともと、2023年12月にダイハツが型式指定申請における不正行為を公表。

 これを受けて国土交通省は、不正行為が確認された全ての車種(計45車種)・エンジン(計4機種)について、基準適合性の確認を行い順次結果を公表してきました。45車種・エンジン4機種の確認結果は以下の通り。

ーー
・42車種・エンジン4機種について、基準に適合していることを確認。

・2024年1月26日付けで型式指定を取消したダイハツ・グランマックス、トヨタ・タウンエース、マツダ・ボンゴ(いずれもトラックタイプのみ)は不正とは別の不具合として「後面衝突時における燃料漏れ防止の基準」に不適合であることを確認。
ーー

 この基準不適合であることが確認された3車種についてダイハツは「本件に関係する事故情報は把握しておりませんが、国土交通省の指導の下、すみやかに市場措置の準備を進めてまいります」とコメントしています。

 また一連の不正事案に対してダイハツは「当社は、再発防止策の徹底を第一だと考え『三つの誓い』のもと再発防止策を、全社一丸となって進めております。引き続き、再発防止策の確実な実行、『二度と不正を起こさない体制』構築に全力を挙げて取り組み、信頼回復に努めてまいります」と述べています。

【画像】市販化は? これが次期型デカいコペン? 斬新デザインの画像を見る!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー