トヨタ新型「シエンタ“車中泊仕様”」初公開に反響多数!?「これ欲しい」「秘密基地ですね」オシャカワ木匠内装の自然派「VANLIFE ROOMKIT」実車展示

2024年5月の愛知県のイベントで展示されたトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」のオシャレな車中泊仕様に、反響の声が集まっています。

シエンタがアウトドア仕様に変身

 2024年5月の愛知県のイベントで展示されたオシャレな「車中泊できるシエンタ」に、反響の声が集まっています。
 
 一体どのようなクルマで、どのような声が上がっているのでしょうか。

トヨタ「シエンタ」のカスタムカー「VANLIFE ROOMKIT」
トヨタ「シエンタ」のカスタムカー「VANLIFE ROOMKIT」

 2024年5月18日から19日にかけ、AICHI SKY EXPO(愛知県常滑市)で、全国からキャンプやオフロードなど、アウトドアを楽しめる車両が集まるイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2024」が開催されました。

 中でも注目を集めたのが、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」をカスタムした「VANLIFE ROOMKIT」です。

 製作・展示を行ったのは、静岡県焼津市に工場を置く「YURT(ユルト)」です。クラシックミニを中心にクルマの再生・リフレッシュを行うClassca(クラスカ)と家具・内装業を行う職人が協力し、製造を行っています。

 トヨタ「シエンタ」は初代モデルが2003年に登場。安心して扱えるコンパクトなボディサイズに、広い室内と最大7人乗車のミニバンとして人気を博し、2022年に現行モデルの3代目が登場しています。

 今回初公開となったカスタムカー「VANLIFE ROOMKIT」は、その3代目シエンタ(5人乗り仕様)の内外装を刷新し、車中泊仕様にしたものです。

 室内の大きな特徴は、壁材などにブナの木、ウッド内装には桜の木を使用した「フルフラット仕様」で、ナチュラルな雰囲気の中、大人2人が余裕をもって寝られる空間を実現しています。

 もちろん、通常のシエンタのように5人乗りの座席配置に戻すことも可能。さらに、片面のフローリングを収納し天板を室内テーブルとして設置する「リビングモード」や、天板を外に展開する「アウトドアモード」にも変身します。

 ボディカラーはブルーグレーとアイボリーのツートーンカラー。ピラーとルーフがアイボリーでアクセントとなり、小ぶりでかわいらしいフォルムのシエンタに似合っています。

 キット価格(消費税込み)は68万円。また既存のシエンタを持ち込んで改造も可能といいます(作業時間約3時間)。

※ ※ ※

 会場でもブースを賑わせたこの車中泊仕様に対し、ネット上では「これは素晴らしい!」「これ欲しい」「車中泊にはとてもいい!簡単に組み立て・収納でき便利。なかなかのお値段ですね」「親戚がシエンタ手放すらしいからこれにカスタムしたい」「気になる」「これ会場で見たけど意外と広かった」「秘密基地ですね」など、期待する声が集まっていました。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「シエンタ"車中泊仕様"」を画像で見る(39枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー