ホンダ新型「斬新軽バン」実車初公開! フラット内装×テーブル・チェア搭載!? どこでも仕事場な「N-VAN e:」登場

2024年6月28日-30日に開催される「東京アウトドアショー2024」。そこでホンダは新型「N-VAN e:」のカスタマイズ仕様車を初公開しました。

発売前に新型「N-VAN e:」のどこでもオフィス仕様を公開

 ホンダは新型「N-VAN e:」のカスタマイズ仕様車を「東京アウトドアショー2024」に展示して初公開しました。

新たな「N-VAN e:」の実車初公開!
新たな「N-VAN e:」の実車初公開!

 2024年6月13日に正式発表された新型N-VAN e:。発売は同年10月10日を予定しています。

 ホンダのNシリーズにおける商用バンのN-VANをEV仕様として登場しました。

 商用バンとして広い室内空間や使い勝手が特徴のN-VANは、仕事から遊び、レジャーまで幅広いユーザーから支持されています。

 そんなN-VANをベースにN-VAN e:となり、従来の特徴に加えて、EVならではの給電機能や静粛性などの価値も備わりました。

 EVのため大容量バッテリーを採用するものの、電動アクスルの小型化や、高電圧部品の集中配置による部品専有スペースの最小化などにより、実用でも問題ない航続距離(WLTCモード245km)と大容量の荷室空間の両立。

 また充電時間は普通充電(6.0kW出力)で約4.5時間、急速充電(50kW)で約30分です。

 なおN-VAN e:では、商用から個人ユースまで幅広く活用できる4人乗りの「e:L4」、e:L4をベースに、趣味やレジャーシーンにもなじむ「e:FUN」。

 さらに運転席と運転席側後席だけの2人乗り仕様「e:L2」、商用ユースに特化した運転席のみの1人乗り仕様「e:G」をラインナップ。

 そんなN-VAN e:ですが、2024年6月28日-30日に開催される「東京アウトドアショー2024」にホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスのカスタマイズ仕様が展示されました。

 展示されたのはe:FUNに、ホンダアクセスの純正アクセサリーに加えて、マーキュリー製の移動事務室車キット「roomobi(ルーモビ)」が荷室部分に備え付けられています。

 今回の展示車について、ホンダアクセスの担当者は次のように話しています。

「これまでのN-VANでは、マルチボードを荷室につけることで需要の高い車中泊にも対応することができました。

 しかしN-VAN e:では、室内形状が違うことから同じマルチボードが設定出来ません。その代わりにマーキュリーが展開するルーモビを荷室につけることで移動オフィスの世界観を作ってみました」

 このルーモビは、ホンダアクセス製品ではないものの、同社が展開する「A-Collect」という純正品以外の商品を取り組み一環でホンダ販売店で購入できます。

オシャレに「EV(電気自動車)」をアピール
オシャレに「EV(電気自動車)」をアピール

 また今回の展示車には、オシャレな「EV」のデカールが貼られていました。

 このデカールについて前出の担当者は「法人様からEV(電気自動車)をアピールできるものが欲しいという要望があったため、それをオシャレにデザインしたものを純正アクセサリーとして設定しました」と話しています。

※ ※ ※

 なお今回の東京アウトドアショー2024では、N-VAN e:以外にも2024年4月にマイナーチェンジとなった「ヴェゼル(e:HEV X HuNTパッケージ)も展示。

 アウトドア感のあるHuNTパッケージということもあり、イベント来場者からも注目されていました。

【画像】「えっ…!」これが「ホンダ斬新軽バン」です。画像を見る!(21枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー