「免許証だけで借入OK」一体なぜ? 車の運転だけじゃない“使い道”があった!? 免許の「12桁の数字」で何が分かるのか

消費者金融などの広告で「免許証だけで借入OK」と免許証の提示のみで借入が可能との宣伝文句を見ることがあります。これはいったいどういった仕組みで成り立っているのでしょうか。

「免許証の提示のみ」でお金が借りられる!? どんな仕組みなの?

 駐車場などのフェンスやインターネットの広告などで、「免許証だけで借入OK」という消費者金融の看板を見かけることがあります。なぜ運転免許証だけでお金が借りられるのでしょうか。

免許だけで…大丈夫!?[画像はイメージです]
免許だけで…大丈夫!?[画像はイメージです]

 本人確認を求められる際、提示する顔写真付きの身分証明書は、今ではマイナンバーカードが導入されていますが、それまではパスポートや運転免許証と選択肢が少なく、運転免許証を身分証明書として使っている人は多かったでしょう。

 国家資格である運転免許証は、氏名や生年月日、現住所のほか顔写真、免許証の交付日などさまざまな個人情報が記載されており、身分証明書として公的な手続きでも本人確認書類として用いられています。

 そんななか消費者金融の広告では「免許証だけで借入OK」と宣伝するなど、免許証の提示のみで借入が可能だといいます。これは一体なぜなのでしょうか。

 運転免許証をはじめとした本人確認書類は、「顔写真付きの官公庁による証明書類」を指します。

 本人確認を求められる際、以前は顔写真がない健康保険証や年金手帳などの本人確認書類提示でも手続きが可能でした。

 しかし2016年の犯罪収益移転防止法の改正により、顔写真のない確認書類では追加の対応が必要に。

 一方で運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類は、従来通り1点のみで本人確認の手続きが可能と認められています。

 ちなみに運転免許証以外の本人確認書類として挙げられるものには、運転経歴証明書やパスポート、マイナンバーカードなど、官公庁から発行・発給された書類で顔写真が貼付られているものが対象です。

※ ※ ※
 
 消費者金融の場合、印鑑や保証人、担保は不要で、条件を満たした上で、運転免許証などの本人確認書類で顔写真と現住所などで自身の身分を証明できれば、お金を借りることができます。

 例えば消費者金融A社の場合では、年齢18歳から74歳の本人に安定した収入のある方、また主婦や学生でアルバイトやパートであっても安定した収入があれば申込みが可能。

 ただし高校生、収入が年金のみの場合のケースでは申込は不可だと説明します。

 必要書類は現住所が記載された運転免許証をはじめとした本人確認書類の提出が必要です。

 なお借入金額が50万円を超える場合、希望の借入額と他社での利用座高の合計が100万円を超える場合だと収入証明書類が必要となります。

 つまり、“免許証1枚のみ”では50万円以下まで借入が可能、といえるかもしれません。

 ほかにも運転免許証はタバコやアルコールなど年齢確認を求められた際の提示や、家やクルマなどの購入ローン、クレジットカードの契約、銀行口座の開設、携帯電話の契約などさまざまな使い道が可能となっています。

 悪用されるリスクもあるため、くれぐれも免許証を紛失しないように気をつけましょう。

【画像】「えっ…!」これが「“不適切”な免許用の写真」です!(24枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー