ニッサン新型「3列SUV」発表! タフな「“デカ”エクストレイル」に“お買い得仕様”復活! 上品内装も超カッコイイ「パスファインダー」オーストラリアに登場

2024年6月18日、日産のオーストラリア法人は3列シートSUV「パスファインダー」のラインナップを見直すとともに、エントリーグレード「ST-L」を再設定しました。どのような装備内容になっているのでしょうか。

エントリーグレードを再設定

 日産のオーストラリア法人は2024年6月18日、3列シートSUV「パスファインダー」のグレード構成を見直すとともに、装備を厳選して価格を抑えたグレード「ST-L」を再設定したと発表しました。

「エクストレイル」の兄貴分! 日産「パスファインダー」とは
「エクストレイル」の兄貴分! 日産「パスファインダー」とは

 パスファインダーは、日産が北米をはじめ海外市場で展開しているSUV。

 1986年にデビューした初代と1995年登場の2代目は日本で「テラノ」として販売されていました。

 現行モデルは2021年フルモデルチェンジを受けた5代目にあたり、オーストラリアでの位置づけとしては「エクストレイル」と、一時期日本でもサファリの名で販売されていたフラッグシップ「パトロール」の間となります。

 ボディサイズは全長5004mm×全幅1978mm(ドアミラー含む)×全高1802mm、ホイールベース2900mm。最低地上高は2WDが178mm、4WDが181mm。モノコック構造という点も含めてクロスオーバー寄りの設計となっています。

 乗車定員は2-3-3の8名が基本で、最上位グレードはセカンドシートを独立型とした2-2-3の7名となります。

 パワートレインは最高出力275ps・最大トルク340Nmを発生する3.5リッターV6ガソリンエンジンに9速ATを組み合わせています。

 ST-Lというグレードは、2021年の発売当初から一時期設定されており、それを今回エントリーグレードとして復活させました。エントリーとはいえ装備内容は充実しています。

 例えば電動テールゲート、9.0インチタッチスクリーンのインフォテインメントシステム、ヘッドアップディスプレイ、フロントシートヒーター、3ゾーン独立調整エアコンが標準装備されています。

 外観上の差別化も最小限に抑えられており、持ち味である迫力の風格は健在です。

 価格はST-Lの2WDが5万9670豪ドル(約630万円)で、4WDが6万4170豪ドル(約680万円)。Tiの2WDが6万7990豪ドル(約720万円)、4WDが7万2490豪ドル(約765万円)、Ti-L4WDが8万2490豪ドル(約870万円)。

 同社の説明によるとST-Lを中核グレードに据えて、購入層の拡大を図るとともに、ファミリーSUVとしての位置づけをより鮮明にしたいと考えているようです。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「3列“ファミリー”SUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー