ホンダ新型「コンパクトカー」発表! イケメン顔に「顔面刷新」! スポーティな「RS」のみ&全長4.3m級のボディの「シティ」フィリピンに登場

ホンダのフィリピン法人は2024年6月14日、「シティハッチバック」の新たな改良モデルを現地で正式に発表、発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

顔面刷新の新型「シティ」登場

 ホンダのフィリピン法人は2024年6月14日、事前告知していたコンパクトカー「シティハッチバック」の新たな改良モデルを現地で正式に発表、発売しました。

RSのみ!ホンダ新型「シティハッチバック」
RSのみ!ホンダ新型「シティハッチバック」

 シティと聞いて、あの「トールボーイ」スタイルの初代を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

 初代は背の高いハッチバックモデルとして1981年にデビュー。若者を中心に人気を博し、後に追加されたターボモデルの進化版「ブルドッグ」も大きな反響を呼びました。

 ところが1986年登場の2代目になると、ワイド&ローへとスタイルを変更。人気は急落し、1995年をもって国内販売を終えることになりました。

 そして、その名は1996年、新興国向けのコンパクトセダンへと受け継がれることになります。代を重ねること2019年登場の7代目には派生モデルとしてハッチバックが加わり、今に至っています。

 フィリピン仕様のシティハッチバックは「RS」グレードのみの設定で、内外装がスポーティな雰囲気に仕上げられています。ボディサイズは全長4369mm×全幅1748mm×全高1488mm、ホイールベース2600mm。日本で販売されている「フィット」よりひと回り大きめのサイズ感です。

 パワーユニットは最高出力121ps/最大トルク145Nmを発生する1.5リッターガソリンエンジンで、CVT(パドルシフト付き)を組み合わせています。

 今回の改良で、グリル上部のガーニッシュがスリムになり、その分、開口部が拡大。バンパーデザインの変更と相まって、より精悍な印象になりました。

 また、リアはバンパー下部カバーのデザインがディフューザー風になっているのも特徴です。

 そのほか、サイドマッドガードの追加、シート表皮の変更(ファブリック→合成皮革)、安全運転支援システムのアップデート、4.2インチTFTメーター、新色(グレーがかったブルー)の追加などが実施されました。価格は 118万9000ペソ(約320万円)。従来型より13万円ほどの値上げとなります。

ホンダ・シティのカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! ホンダ新型「コンパクトカー」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー