全長6m超! プーチン大統領が「大きな高級車」をプレゼント! 金正恩氏も驚いた“最強セダン”「アウルス セナート」とは

2024年6月19日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は北朝鮮を訪問し、金正恩総書記にロシア製の最高級車「アウルス セナート」をプレゼントしました。同車は一体どのようなクルマなのでしょうか

プーチン大統領の運転したクルマの正体は?

 2024年6月19日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は北朝鮮を訪問し、金正恩朝鮮労働党総書記と会談し包括的戦略パートナーシップ条約に署名。両国の関係を新たな水準に引き上げ、有事の際の相互支援や軍事的連携を強化しました。

 これと同時に、プーチン氏は正恩氏にロシア製の最高級車「アウルス セナート」をプレゼント。

 北朝鮮の朝鮮中央通信が公開した映像には、プーチン氏自ら同車のハンドルを握り、正恩氏を助手席に乗せてドライブを楽しむ様子が映っており、その後正恩氏が交代で運転。日本でも大きく話題となりました。

 両氏の乗ったこのアウルス セナートは日本では見慣れないモデルとなりますが、一体どのようなクルマなのでしょうか。

最高級車「アウルス セナート」(画像:(C)AURUS)
最高級車「アウルス セナート」(画像:(C)AURUS)

 アウルスはロシアの要人向けの高級車ブランドで、セナートは2018年開催の「モスクワモーターショー」で初公開された超大型セダン。

 その開発は、ロシア国営の中央自動車エンジン科学研究所(NAMI)が担当します。

 セナートには大統領専用車となるロングホイール仕様、「セナートリムジン」も存在し、ボディサイズは全長6630mm×全幅2020mm×全高1695mm。

 また、ホイールベース4300mm、最低地上高170mm、総重量6950kgという、大国の大統領の公用車に相応しい巨体と性能を誇ります。

 パワーユニットには、4.4リッターV型8気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせ、最高出力598馬力を発揮。

 トランスミッションには9速ATを採用し、最高速度は160km/h、0-100km/h加速は12.5秒と、その大きなボディから想像する以上の動力性能を披露します。

 スタイリングは、ロールス・ロイスにも匹敵する大型のグリルがフロントに鎮座し、厚みのあるLEDヘッドライトや20インチのアルミホイールなども相まって、圧倒的な存在感と威厳の漂うデザインです。

 公開されているインテリアは黒を基調とした高品質なレザーで仕上げられ、また随所にクロームを配して最高級車らしい上質感を実現。

 要人を乗せることが前提のモデルですので、4ゾーンオートエアコンを採用しているほか、後席にはリアマルチメディアシステムも備えられ、さらに車内Wi-Fiによって常にインターネットに接続することが可能です。

 そんなセナートリムジン、様々な安全装備においても世界の高級車と同等レベルを備えていますが、最大の特徴と言えるのがそのセキュリティ装備です。

 国家の指導者を乗せて走ることから、極めて高い防弾性能が求められる同車の防弾レベルは、国際規格においてVR8/VR10というトップクラスのもの。

 また防弾性の高いホイールや防火防爆性の高い燃料タンク、消火およびクリーンエアシステム、外部インターホン、非常口なども備えられています。

※ ※ ※

 なお、アウルスではセナートとセナートリムジンの2車種のセダンタイプに加え、2022年9月には同社初の大型SUVとなる「コマンダント」も発表。

 ともにロシア国内および海外の要人用に用いられる、特殊なモデルとなっています。

【画像】「えっ…!」これがプーチン氏の「最強・最高級セダン」です(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー