“200万円台”から! ホンダ最新型「ヴェゼル」月々いくらで買える? 大人気SUVの「最も安い&高いモデル」とは

ホンダの主力コンパクトSUVとして広く支持されている「ヴェゼル」ですが、一体いくらで買えるものなのでしょうか。

人気の「ヴェゼル」は月々いくらで買える?

 ヴェゼルはホンダのクロスオーバーSUVとして、2013年12月に初代が登場して以来、ホンダの主力クロスオーバーSUVとして広く支持されています。
 
「Bezel(カットした宝石の小さな面)」と「Vehicle(クルマ)」を掛けあわせ「角度によって表情を変える宝石のように、多面的な魅力と価値を持つクルマ」という想いから名付けられた同車ですが、一体どのような特徴があり、いくらで買えるものなのでしょうか。

ホンダ最新型「ヴェゼル」は月々いくらで買える?
ホンダ最新型「ヴェゼル」は月々いくらで買える?

 初代が発売された当時、ミニバンの使いやすさとクーペのパーソナル感にSUVの力強さと安心感を融合したパッケージに、ホンダ独自のハイブリッドシステム“SPORT HYBRID i-DCD”搭載モデルも用意され、一躍人気車種となりました。

 そして現行モデルとなる2代目は2021年4月デビュー。

 初代で人気を博した流麗なデザインをさらに際立たせ、イメージチェンジするとともに、2モーターハイブリッド「e:HEV」を搭載して、走行性能の向上を図りました。

 さらに直近では、2024年4月26日に改良モデルを発売。

 内外装の変更のみならず、新タイプの設定やパワートレインのアップデートが施されています。

 ボディサイズは全長4340mm×全幅1790mm×全高1580mm-1590mmで、ホイールベースは2610mm。

 ラインナップは1.5リッター4WDガソリンモデルの「G」にくわえて、2つのモーターとバッテリーを合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載した「e:HEV X」、「e:HEV X・HuNTパッケージ」、「e:HEV Z」、「e:HEV Z・PLaYパッケージ」が設定され、e:HEVモデルでは全車でFFと4WDを選択できます。

 では1番安いグレード、1番高いグレードでは、それぞれいくらで購入出来るのでしょうか。

 ここではホンダの公式サイトでの情報を参考に見ていきます。

 1番安いグレードは、「G」で価格(消費税込、以下同)は264万8800円。

 まずボディカラーは無償色の「クリスタルブラック・パール」を選び、内装は1種類のみで「ブラック」です。

 その後オプションを選ぶことになりますが、今回はあえて何も選ばない素の状態で見ていきます。

 この場合、現金一括であれば車両本体価格264万8800円に税金・諸費用21万4570円が加わり、合計は286万3370円です。

 では分割の場合どうなるのでしょうか。

 ホンダの場合「均等割賊(3回から84回まで)」「残価設定型(36回・48回・60回)」のほか、契約満了時の買取保証額を設定し、購入時と契約満了時の2回に分けて支払う「バリュー保証プラン(3年・5年)」、維持費を全てまとめたリース「楽割プラン(3年・5年・7年)」から選べます。

 最近では、残価設定型を利用してクルマを購入する人が多いといいます。

 そのためヴェゼルでも残価設定型を選ぶと、月々の支払い(2回目以降)は36回が4万2700円、48回が3万7200円、60回が3万4700円です。

 では、同じ条件でヴェゼルの1番高いグレード「e:HEV Z・PLaYパッケージ(4WD)」で見てみます。本体価格は377万6300円です。

 まずボディカラーは無償色の「クリスタルブラック・パール×シルバー」、内装は1種類のみで「グレージュ」を選択。

 同グレードは実質的に最上級モデルであるため、様々な機能やアイテムは標準装備となっていることから、ここでもオプションはナシにします。

 この場合、現金一括であれば車両本体価格377万6300円に税金・諸費用12万3870円が加わり、合計は390万170円です。

 分割の場合は、前述の通り「均等割賊(3回から84回まで)」「残価設定型(36回・48回・60回)」「バリュー保証プラン(3年・5年)」「楽割プラン(3年・5年・7年)」から選べます。

 残価設定型を選ぶと月々の支払い(2回目以降)は36回が6万900円、48回が5万3100円、60回が4万9500円です。

 今回どちらのグレードでも頭金なし、ボーナス払いなし、月々1500km走行、実質年率2.5%、下取りなしとしています。

 そのため条件次第では、ここから更に月々の金額を抑えることが可能です。

※ ※ ※

 最近、自動車の購入方法が多様化しています。

 現金で一括購入する場合、金利や追加費用がかからないため、十分な資金がある人にとっては最も経済的な方法です。

 しかし、手元に現金を残しておく利点も考慮すると、多少の金利や手数料を支払ってでも、残価設定ローンなどのローンを活用する選択肢も有効です。

【画像】超カッコいい! これがスポーティな最新「ヴェゼル」です!(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー