トヨタ「“ミニ”アルファード」目撃! しかも「屋根なし」&“4人乗り”のVIPモデル! 斬新な「小さい高級車」にユーザーの反響殺到!?

高級ミニバンの代名詞として世界的に人気なトヨタ「アルファード」ですが、タイでは一風変わった「ミニアルファード」が目撃されているそうです。一体どんなクルマなのでしょうか。

タイ限定!? 謎の「ミニアルファード」とは?

 トヨタ「アルファード」は、2002年から4代にわたって発売されているラージサイズのフラッグシップミニバンで、世界各国でも展開されています。
 
 特にアジアでの人気は非常に高く、関税の影響で価格が1000万円を超えるにもかかわらず、高級ミニバンとして広く知られています。
 
 そんなアルファードですが、タイでは一風変わった特別な「ミニアルファード」が目撃されているとのことです。

トヨタ「アルファード」だ! だけどなにか違う…?
トヨタ「アルファード」だ! だけどなにか違う…?

 2023年6月にアルファードはフルモデルチェンジされ、新型モデルとなる4代目が登場しました。

 日本国内でもその姿を見かける機会が増えていますが、タイではバンコクなどの街中でその存在感を示しています。

 現地のユーザーによれば、アルファードを所有することは多くの人々の憧れであり、高級ミニバンとしての地位を確立しています。

 日本では540万円(消費税込)から872万円で販売されているのに対して、タイでは日本の2倍以上に達するといわれています。

 そんなアルファードですが、タイのスワンナプーム国際空港では「ミニアルファード」とも言える特別なカートが目撃されています。

 このカートは空港内を移動するための4人乗りのクルマで、フロントデザインは先代アルァードそのものです。

 よく見ると専用エンブレムまで再現されており、見た目は本物のアルファードに非常に似ています。

 このミニアルファードは、事前予約したユーザーが利用できる空港内の移動サービスの一環として提供されているといいます。

 実際にこのカートに乗ったことのある日本人男性は、「特に日本人旅行者から注目を浴びて、よく二度見された」と述べています。

 またネット上でも「空港にアルファードが走っている!」「移動カートがアルファードなのは面白い」と話題になっており、なかには「こういったユニークなシャレを日本国内の空港でもやってほしい」「空港だけではなく観光地とかにも導入してほしい」と、ミニアルファードの普及に期待するコメントも見られました。

 このミニアルファードは、その存在感から一度見れば忘れられないものとなっています。

 もしかすると、フルモデルチェンジしたデザインのカートが登場するかもしれません。

 タイを訪れる際には、是非このユニークなミニアルファードに注目してみてください。

【画像】「えっ…!」 これが「斬新“屋根なし”ミニアルファード」です!(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー