日産が新型「クロスギア」初公開! ワイドボディの「ド迫力SUV」がカッコいい!「超タフデザイン」採用し“約780万円”から亜発売!

日産のアルゼンチン法人は新型ピックアップトラック「フロンティア X-GEAR」を発表しました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

日産が「ド迫力仕様」の新型モデル発表!

 2024年6月19日、日産のアルゼンチン法人は新型「フロンティア X-GEAR(クロスギア)」を発表し、販売を開始しました。
 
 専用のパーツを装備してより精悍な雰囲気となった同車には、一体どのような特徴があるのでしょうか。

日産が「ド迫力仕様」の新型モデル発表!
日産が「ド迫力仕様」の新型モデル発表!

 フロンティアは、日産が海外向けに展開しているピックアップトラックのひとつで、アルゼンチンのみならず世界各国で販売されています。

 また各国にラインナップされるフロンティアの“世代”も国によって様々で、例えばアメリカにおいては全面刷新を受けた新世代のモデルが2021年に発売されていますが、アルゼンチンなど南米市場ではひとつ前の世代が継続販売。現在も、独自の進化と改良を続けています。

 今回発表された新型フロンティア クロスギアも、そんな前世代モデルをベースに、改めて大幅改良を施した新グレードです。

 内外装デザインに力強さを強調するディテールを追加し、元々タフなフロンティアをより冒険的なスタイルへと一新。

 四輪すべてにオーバーフェンダーを装着してボディサイズを拡大し、ワイドなスタンスを実現するとともに、フェンダーを保護し損傷を防ぐ効果も備えています。

 さらに、ドア、ボックスサイド、ボンネットには専用デザインのステッカーをあしらい、クロスギアならではの高い走行性能やスポーティさを表現しました。

 内装においては、ドライバーの疲労軽減を狙って開発した「ゼログラビティシート」を採用。このシートには米NASAが開発した技術が応用されているといい、高い快適性を確保しています。

 パワーユニットには、最高出力190馬力を発揮する2.3リッターディーゼルターボエンジンを搭載し、7速ATのトランスミッションを組み合わせます。

 また、坂道での運転をサポートするヒルディセントコントロールやヒルスタートアシスト機能、8インチタッチスクリーンとパーキングカメラを備えたオーディオシステムも標準採用しました。

 この新型フロンティア クロスギアの価格は、4475万100アルゼンチン・ペソ(日本円換算で約780万円)です。

【画像】カッコいい! これが日産の新型「ド迫力SUV」です(59枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー