トヨタ「“黒顔”ハイエース」実車公開! ウッド内装がめちゃ「オシャレ」! 家族で寝られる“丸目レトロ車中泊カー”「GMLVAN V-01」とは

2024年5月18日から19日に、名古屋で開催されたカーイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2024」で、ゴードンミラーモータースはトヨタ「ハイエース」を改造したカスタムコンプリートカー「GMLVAN V-01」を展示していました。

天井までリアルウッドで仕上げられたオシャレな車中泊カー

 2024年5月18日から19日にAICHI SKY EXPO(愛知県常滑市)で開催されたアウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2024」では、さまざまなメーカーがキャンピングカーやアウトドア商品を出品していました。
 
 ゴードンミラーモータースのカスタムコンプリートカー「GMLVAN V-01」もそんななかで注目を集めていた1台ですが、どのようなクルマなのでしょうか。

「えっ…!」これが「ハイエース」なの!? レトロなイメージに生まれ変わったカスタムコンプリートカー「GMLVAN V-01」
「えっ…!」これが「ハイエース」なの!? レトロなイメージに生まれ変わったカスタムコンプリートカー「GMLVAN V-01」

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」。

 ゴードンミラーモータースは、そのエッセンスを凝縮したオリジナルカーレーベルであり、日産「NV200バネット」やダイハツ「ハイゼットカーゴ」をベースにした「GMLVAN」シリーズを展開しています。

 GMLVAN V-01のベースになっているのはトヨタの人気ワンボックスバン「ハイエースバン」の「DX」グレードです。

 フロントフェイスには、オリジナルのクラシックな丸目四灯やフロントグリルを採用し、その上には、GORDON MILLERのロゴを入れ、ベース車とは大きく異なるレトロなイメージに変身しています。

 側面には前から後ろまで横切るブラックのサイドガーニッシュを装備。またタイヤまわりにも同様のブラックフェンダー仕上げとし、ゴツイ形状のルーフラックも含め、アウトドアに似合うタフさを演出しています。

 さらに注目すべきポイントは内装です。

 インテリアは、ルーフ面も含めアカシア(ホワイトウォールナット)の天然木を使ってデザイン。ハイエースの広いラゲッジスペースを活用し、実用的でありながらも自然の温もりを感じられるように仕上げられていました。

 後席のシートは、フラットに倒したり前後の向きを変えるなど、様々なアレンジが可能なキャンピングカー用のREVOシートを採用。フロントシートも含めオリジナルのシート地に変更され、同じ意匠のカーテンとともにトータルコーディネートされます。

 荷室のフラットなボードと組み合わせれば、大人2名と小さな子どもなら余裕で過ごせるほど大きな車中泊用のベッド空間が出来上がります。

 ボードは個別に収納も可能なほか、さらに備え付けの脚と組み合わせることでテーブルとしても活用できる優れモノです。

 ちなみに床面もウッド柄ですがこちらは塩ビ仕上げで、汚れた荷物を積み込んでも拭き掃除しやすい仕様となっているのも良く考えられているところです。

 GMLVAN V-01はコンプリートカーとして展開しており、価格(消費税込み)は561万円(2WD・ガソリン)から649万円(4WD・ディーゼル)です。

※ ※ ※

 ゴードンミラーのスタッフに車両の魅力を聞いたところ、「やはりフロントフェイスはこだわった部分なので、よく見ていただきたいです」とコメントしてくれました。

 来場者もその顔立ちが気になるようで、多くの人が車両正面に回って写真を撮影していました。

【画像】めちゃカッコいい! レトロ顔「ハイエース」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー