ホンダが斬新「“2ドア”フラッグシップクーペ」公開! 巨大ガルウイングドア&激薄ボディで26年以降「ほぼ変わらずの姿」で市販化へ 新型「サルーン」に大反響

2024年3月にHondaウエルカムプラザ青山にて、ホンダ新型「サルーン」が実車展示されました。突如公開された未来的なモデルに多くの反響が集まっています。

ホンダ0シリーズ始動、新型「サルーン」に大反響!

 2024年3月にHondaウエルカムプラザ青山にて実車展示された新型「サルーン」は、2026年から世界中で展開される「ホンダ0シリーズ」のコンセプトモデルの1つで、2024年1月にラスベガスで開催されたCESで初公開されました。
 
 その未来的なデザインに多くの反響が集まっています。

これ市販するの? ホンダ新型「サルーン」
これ市販するの? ホンダ新型「サルーン」

 ホンダ0シリーズは、ホンダのEV専用ブランドとして位置づけられ、新しいBEV専用プラットフォームを使用している点が特徴です。

 このプラットフォームを使用するモデルが0シリーズとされ、将来的にはすべてのホンダBEVモデルがこのシリーズに統合されるといいます。

 また「Thin, Light and Wise(薄く、軽く、賢い)」という新たな開発アプローチを採用。

「Thin:薄い」は、低全高のスタイルを実現する薄いEV専用プラットフォームを意味し、これにより高い空力性能を確保するとし、「Light:軽い」は、ホンダ独自の技術を用いて、これまでのEVの常識を覆す軽快な走りと電費性能を実現することを示します。

 そして「Wise:賢い」は、ホンダの知見と進化した知能化技術により、クルマそのものが賢くなることを表現しています。

 サルーンは、この「Thin, Light, and Wise(薄い、軽い、賢い)」を色濃く体現したホンダ0シリーズのフラッグシップコンセプトモデルです。

 エクステリアは超低全高のスポーティなスタイルで、ドアは前後一体で上方に開く大型のガルウイングドアを採用。

 位置づけとしては、セダンとクーペの中間とイメージしたとのことです。

 そのスタイリッシュなプロポーションからは想像できないほど車内は広く、まさにサルーンのような室内空間を実現。

 まさにホンダの歴史と原点である「M・M思想(Man-Maximum、Mecha-Minimum:人のための空間は最大に、メカニズムのスペースは最小に)」思想を昇華させたものになっています。

 インパネにはシンプルで直感的な操作が可能な「HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)」が採用され、洗練されたシームレスなUI(ユーザー・インターフェース)も特徴です。

 そのほか、ステア・バイ・ワイヤ技術に加え、ホンダ独自のロボティクス技術による姿勢制御などのモーションマネジメントシステムが採用されており、ドライバーが思い通りにクルマを操作できるよう設計されているといいます。

 このサルーンには、内外装の素材にサステナブルマテリアルを使用。

 環境への配慮も徹底されており、EV時代における新たなクルマづくりを示しています。

 ホンダは0シリーズを、2026年に北米市場を皮切りに、日本、アジア、欧州、アフリカ・中東、南米へと展開される予定としており、新型サルーンについては「ほぼこの姿で市販化する」と明かし、将来的な発表が期待されています。

※ ※ ※

 そんなホンダの未来を予感させるサルーンですが、ネットでは様々な反響が寄せられているようです。

「デザインが斬新すぎる!」「O型のライトが頭から離れない」「存在感がハンパない」と、斬新なエクステリアについて多くのコメントが集まりました。

 また「内装が豪華すぎる」「ゲームの世界みたい」「広い後部座席に座ってみたい」など、車内空間の広さについての意見も多く、なかには「市販化が楽しみ」「このまま売ってくれ!」との発売を待ち望む声も。

 一方で「タクシーとかハイヤーでこれ来たら最高だなあ」など、サルーンの活用方法について期待するコメントもみられました。

【画像】「えっ…!」これがホンダ新型「サルーン」です!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー