約50万円! “シフトノブでMT操作”する新型「3人乗りトライク」に大反響!? 公道も走れるクルマみたいなバイクに「通勤で大活躍!」の声も

新しく発売となった2024年モデルの「APtrikes125」ですが、その利便性にユーザーから多くの反響が集まっています。

「クルマとバイクのイイとこ取り」のトライクとは

 2024年3月6日に、カーターは新型「APtrikes125(2024年モデル)」を発売しました。
 
「ちょい乗り!ちょい載せ!ちょー便利!」がキャッチフレーズの最新トライクに、多くの反響が集まっています。

シフトノブでMT操作を楽しめるトライク「APtrikes125」とは
シフトノブでMT操作を楽しめるトライク「APtrikes125」とは

 APtrikes125は高いコストパフォーマンスと実用性を兼ね備え、屋根付きの大人3名が乗れるトライクとして、多様な用途で人気を集めています。

 運転には通常の普通自動車免許(AT限定も可)が必要ですが、購入や維持にかかる負担は軽減されています。

 車検や車庫証明が不要であり、保険や税金は250ccのバイクと同等で、年間の自動車税は3600円と、クルマに比べてかなり安くなっています

 さらに、移動先ではクルマと同じようにコインパーキングが利用できたりなど、クルマの利便性も兼ねています。

 一方で、APtrikes125ではヘルメットの装着義務はありませんが、安全面を考慮するとヘルメットとグローブの着用が望ましいとされており、これは車体のサイドにドアが無いため、安全性を確保するための措置として推奨されています。

 ボディサイズは全長2200mm×全幅1000mm×全高1650mm。

 パワートレインは最高出力8.6ps・最大トルク8.8Nmを発揮する空冷125ccエンジンを搭載し、自動遠心クラッチ式の4速MTが組み合わされています。

 このMTにはクラッチレバーが無いため、バイク初心者でも簡単に運転できます。

 さらに、バックギアが付いているので、狭い場所での操作も容易です。

 そんなAPtrikes125ですが、2024年3月に発売された2024年モデルでは、ユーザーから得たフィードバックに基づいて改良、従来モデルより品質を向上させてといいます。

 具体的な改良点の1つ目として、フロントホイールハブを変更し、強度と耐久性が向上しました。

 次にデファレンシャルギアを改良し、強度と耐久性を高めました。

 またエキゾーストマフラーの変更やガラスコーキングに改良を施し、本体の耐久性を向上させたといいます。

 価格(消費税込)は、52万8000円です。

 そんなAPtrikes125にネット上では、「トゥクトゥクっぽくて可愛い!」「ちょっとレトロっぽいのがいい」と、従来から続く愛らしいデザインについてのコメントを発見。

 またAPtrikes125ユーザーからは、「ウーバーの配達で使っています!」「通勤で使っていて雨でも濡れなくて助かっています」「毎日使っているので耐久性アップして嬉しい」と、日常の移動手段として活躍していることや、今回の改良について喜びの声もみられました。

【画像】「えっ…!」 これが公道も走れる「3人乗りトライク」です!(23枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー