目がバグる! スズキ「ジムニー“6ドア”」実車公開! 超ワイド&ロー+V6エンジン搭載!? 斬新「“2倍”ジムニー」に来場者も驚き!

2024年5月24日から5月26日に富士スピードウェイで開催された「スーパー耐久シリーズ2024 第2戦」のイベント会場に“巨大すぎる”スズキ「ジムニー」が実車展示され、来場者の注目を集めていました。

「デカすぎジムニー」にモータースポーツファンも「目がテン!」

 2024年5月24日から5月26日、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)で「スーパー耐久シリーズ2024 第2戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」が開催されました。
 
 そんな富士スピードウェイのイベント広場では、特別展示として「東京オートサロン2024」で話題を呼んだ“巨大すぎる”スズキ「ジムニー」が実車展示され、来場したモータースポーツファンたちの注目を集めていました。

「目がバグる!」 来場者も圧倒する“斬新ジムニー”の正体とは!?
「目がバグる!」 来場者も圧倒する“斬新ジムニー”の正体とは!?

 国内唯一の24時間レースとなるスーパー耐久シリーズ2024 第2戦(S耐)で、NAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)は、会場内イベント「CUSTOM MOTOR SELECTION BY NAPAC」を開催し、様々なカスタムモデルなどの展示を行いました。

 テーマに「オールジャンル カスタムの世界」を掲げ、過去のS耐参戦マシンをはじめ、カスタムカーやチューニングカーなどを紹介していましたが、そのなかでも特に来場者を集めていたのが、スズキの軽四輪駆動車「ジムニー」をベースにしたカスタムカー「NATS ジムニー J1(ナッツ ジムニー ジェーワン」です。

 制作を手掛けたNATS(日本自動車大学校:千葉県成田市)は自動車整備士を養成する専門学校で、例年開催されるカスタムカーイベント「東京オートサロン」に学生が手がけた様々なカスタムカーを出展し、常に話題を呼んでいます。

 2024年1月開催の東京オートサロン2024でも複数のクルマを出展しましたが、そのなかでも特に人気を集めていたのがNATS ジムニー J1でした。

 東京オートサロン2024来場者などの投票により選出される「東京国際カスタムカーコンテスト2024」のドレスアップ・SUV部門でNATS ジムニー J1は「優秀賞」を獲得しています。

 そんなNATS ジムニー J1は、コンセプトに「シティオフローダー、街を駆ける」を掲げ、“和製ハマー”を製作したものです。

 2代目ジムニーを複数使用しボディを拡大し、さらに同じスズキのミドルクラス四輪駆動車「エスクード」(TD61W型)のフレーム、足回り、エンジンと組み合わせ、巨大なジムニー“6ドア”を誕生させました。

 全幅は2.2mにも及び、ベースのジムニーと比べると800mmも広げられていることがわかります。

 地面にくっついてしまったかのような極端なローダウンと相まって、その存在感は抜群。

 S耐のイベント会場でも来場した多くのモータースポーツファンが注目し、口々に「ジムニーには見えない!」「目がバグる!」「スゴイねこれ」などと驚きの声をあげていました。

 また、ベース車両が判別できなかった人も多く「(トヨタ)メガクルーザー?」「ハマーじゃないの?」など、大型の四輪駆動車と見間違えている人も多く見られました。

【画像】めちゃカッコいい! スズキ「ジムニー“6ドア”」!?を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 車高を下げてるのが残念…😢
    リフトアップして大径マッドタイヤ履かせたほうが絶対似合う。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー