スズキ新「ビート」発表! タフ感高めな「コンパクトSUV」! MT設定アリ&4.1m級ボディの「ビターラ」豪に登場

スズキのオーストラリア法人は2025年5月17日、「ビターラ」に新たな特別仕様車「BEAT(ビート)」を設定し、同市場で発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スズキの新“BEAT”! 超カッコイイ「コンパクトSUV」誕生

 スズキのオーストラリア法人は2025年5月17日、SUVの「ビターラ」に買い得感のある特別仕様車「BEAT(ビート)」を設定し、同市場で発売しました。

スズキの「ビート」誕生!?
スズキの「ビート」誕生!?

 ビターラは、スズキが海外で展開するコンパクトSUV。生産はハンガリーの子会社であるマジャールスズキで行われています。日本では「エスクード」という車名で展開されていましたが、現在は販売されていません。

 ボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mm、ホイールベース2500mm。

 オーストラリア仕様のパワーユニットは1.6リッター(最高出力117ps/最大トルク156Nm)または1.4リッターターボ(最高出力140ps/最大トルク220Nm)の2本立て。ギアボックスは5速MTまたは6速AT。駆動方式はFWDを基本に、1.4リッター車には「ALLGRIP」と名付けられた4WDが併設されます。

 今回、特別仕様車として登場したBEATは、750オーストラリアドル(約8万円)相当のアクセサリー(ドアバイザー、スモークボンネットプロテクター、フロアマット)を標準装備するとともに、ショルダーラインに沿って貼られる専用デカールを追加しているのが特徴です。

 ボンネットプロテクターはバグガードとも呼ばれ、空気の流れを変えることで虫や飛び石からフロントガラスを守るというもの。ハエなどの虫が多いオーストラリアではよく見かけるアクセサリーです。

 現地で「目立ちたいドライバーに最適のパッケージ」と説明されているBEATの価格はベース車から据え置き。1.6リッター車が3万990オーストラリアドル(約336万円)、1.4リッター車が3万5990オーストラリアドル(約391万円)となっています。ツートーンカラーは1345オーストラリアドル(約15万円)高となります。

 ビターラはフェイスリフトを中心とした改良新型がすでにヨーロッパなどで発売されています。今回のBEATは在庫限りの販売となります。

【画像】超カッコイイ! スズキ新「ビート」を画像で見る(45枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. 俺のスズキが、「ビート」を出すだと!?
    と思って見たら、既に日本での販売が終わってるエスクードのオーストラリア仕様でなーんだって終わった。
    しかし、エスクードの国内販売を辞めるのはもったいなかったぜ!

  2. 海外専売のクルマを出ます出ますって煽るのは
    誤解を招くだけだから控えめにした方がよろしいのでは?

  3. 所詮、彼の地の販売車輌。
    ニュースとしては面白いが、日本で販売しないニュースは最終的にガッカリさせるものでしかないので、止めたほうがいいね。

  4. 2025年5月17日って来年の話か。いや過去形で書かれているから今年の間違いか。その程度はスルーするところなのかな。
    エスクード、良い車なのに日本終売は残念でした。

  5. 日本で普通には買えない、海外専売のネタ記事にするのは誤解を招くやめろ!(書き方に問題あるし)
    読者や車のファンがムカツくだけ。

  6. 海外の新車の話題は要らない!!!
    国内で販売される車の情報だけでいい。

    余計なニュースで紛らわすのはやめて欲しい!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー