日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか

日産の欧州法人は2024年5月2日、フランスに向けて商用バン「タウンスター」の3列7人乗り仕様「タウンスター エヴァリア」を発表しました。同モデルは意外と日本でも展開できそうなモデルだといますが、どのようなクルマなのでしょうか。

日産の新型ミニバン「タウンスター エヴァリア」は日本でもアリ?

 日産の欧州法人は2024年5月2日、フランスに向けてLCV(ライト・コマーシャル・ビークル=商用車)「タウンスター」の3列7人乗り仕様「タウンスター エヴァリア」を発表しました。

超洒落てる! 新型「タウンスター エヴァリア」
超洒落てる! 新型「タウンスター エヴァリア」

 タウンスターは、日産が欧州で展開している小型LCVで、ルノー「カングー」の兄弟車にあたります。

 ボディはショートとロングの2種類あり、これまで乗用モデルではショートボディの2列5人乗り仕様が展開されてきました。今回発表されたタウンスター エヴァリアはロングボディの3列7人乗り仕様となります。

 ボディサイズは全長4911mm×全幅1860mm×全高1869mm、ホイールベース3100mm。ショートボディの2列5人乗り仕様と比べて、全長が424mm増、ホイールベースが384mm増となっています。

 シート配置は2-3-2。2列目は6:4分割可倒式で、3列目も含めて前後スライドのほか、取り外すことが可能です。ラゲッジは通常時が500リッター、助手席と後席すべてを畳むと最大3750リッター、奥行(長さ)3.5mとなります。

 パワートレインは1.3リッターガソリン(最高出力130HP/最大トルク240Nm)または90kWモーター(最高出力122HP/最大トルク245Nm)の2種類。モーター搭載のEV(電気自動車)は45Kwhのバッテリーを備え、航続距離265kmとなっています。

 ボディサイズはトヨタの高級ミニバン「アルファード」と同じくらいですが、高級感は打ち出しておらず、道具としての潔さを感じさせます。

 日本国内でも一定のニーズはありそうです。主な競合車は、プジョー「リフターロング」、フィアット「ドブロ マキシ」、シトロエン「ベルランゴ ロング」。これら3モデルは基本コンポーネンツを共用しており、日本にも導入されています。

 タウンスター エヴァリアの日本導入予定は今のところありません。ただ同じ3列7人乗りの兄弟車であるルノー「グランカングー」は昨年日本で実車が公開され、早ければ2024年中に発売される模様です。

 タウンスター エヴァリアとグランカングーのバックドアは一般的な跳ね上げ式ですが、カングー(2列5人乗り)の特徴にもなっている観音開き式が日本仕様に採用されれば、競合車と差別化でき、ミニバンの新たな需要喚起につながるのではないでしょうか。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型ミニバン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー