めちゃ流行ってる「謎のギラギラ」なんのため? 超高級車の証!? 知ってるようで知らない「キラキラパーツ」の正体とは

高級車の内外装などに多用される「メッキパーツ」。光り輝く質感が特徴ですが、この“メッキ”とは一体何のことなのでしょうか。知っているようで知らないメッキについて紹介します。

ひとことで「メッキ」といっても様々な種類がある

 トヨタ「アルファード」など、多くの高級車には鏡のように輝きを放つ“メッキ”の加飾が様々な部位に施されています。
 
 ところでこのメッキとは、一体どのようなものなのでしょうか。

光沢感がスゴイ! 高級車には欠かせない「メッキ」とはいったい何!?
光沢感がスゴイ! 高級車には欠かせない「メッキ」とはいったい何!?

 たとえば大人気ミニバンのアルファード/ヴェルファイアは、その押し出し感のあるフロントグリルに代表される堂々としたスタイリングや、上質で広々した内装が評判を集め、高価格帯のモデルでありながら、長納期となるほどのヒットモデルとなっています。

 あの押し出し感を強く印象付けさせるため、多用されているのがメッキパーツです。

 そもそもメッキパーツの”メッキ”とは外来語ではなく、漢字で「鍍金(めっき)」と書く日本語です。

 ベース素材の上に金属の被膜をのせることで質感を出したり、錆などを防止する効果があります。

 メッキにも被膜にする金属によって様々な種類があり、亜鉛メッキやクロームメッキ、金メッキなど、仕上がり方もそれぞれ異なってきます。

 そのなかでも、一般的にクルマに多用されているのが「クロームメッキ」です。

 クローム被膜をのせているパーツの表面は、シルバーの輝きと鏡のような見た目が表現でき、高級感を演出するのに最適です。

 ちなみに、グリルやインテリアに使われているクロームメッキは、本来の「金属表面に金属を皮膜を施した」のではなく、実はほとんどの場合、樹脂パーツの上に金属加工されたものです。

 なおアルファードには、高級感を高めるためにフロントグリルにクロームメッキを採用していますが、兄弟車のヴェルファイアにはクロームメッキではなく「スモークメッキ」や「漆黒メッキ」が使用されています。

 これらの黒系メッキは一般的に「ブラッククロームメッキ」と呼ばれていることが多いです。

 クロームメッキと同様に光沢感と鏡のような輝きがありますが、スモークをかけたようなブラックの色味が組み合わせられていることで、シックでスポーティな印象を与えることができます。

【画像】見比べるとこんなに違う!? トヨタ 新旧「アルファード」を写真で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. スパッタリングはメッキとは違う表面処理だし、ましてや塗装とは違いますよね。ちょっと情報が混乱してるかな…

    • 「樹脂パーツの上に金属加工された…」真空蒸着では無いのかな?!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー