「ちょっと待った!」 出掛ける前に「タイヤ」を見て! トラブル防ぐためナニを確認? あと「赤&黄●マーク」なんのため?

2024年のゴールデンウィークも後半戦が始まりました。4連休となりますが、クルマで移動する前には必ずタイヤをチェックしましょう。

出掛ける前に…タイヤを見て!

 2024年4月26日にJAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、ゴールデンウィーク期間中に発生しやすいクルマのトラブルを発表しました。
 
 とくにタイヤのトラブルが挙げられますが、なにを注意すれば良いのでしょうか。

お出かけの前にタイヤをチェック!
お出かけの前にタイヤをチェック!

 JAFによれば、2024年のゴールデンウィーク(2023年 4月29日から5月8日まで)に行ったロードサービス(四輪・二輪)は全国で6万2766件だったと言います。

 では、どのような出動理由があったのでしょうか。四輪・二輪合計のTOP10は以下の通りです。

ーーー
【一般道路/高速道路の合計】
 1.過放電バッテリー:2万2023件
 2.タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足:
1万2654件
 3.破損/劣化バッテリー:3755件
 4.落輪・落込:3681件
 5.キー閉じ込み:3196件
 6.事故:2422件
 7.燃料切れ:1296件
 8.発電機/充電回路:855件
 9.ハンドルロック・キー作動機構:620件
 10.スタータモータ:572件
ーーー

 このとおり、バッテリー上がりが2万2023件(35.09%)で最も多い結果に。

 これはGWで久しぶりにクルマを動かすことや、ライトなどの消し忘れなどを原因としています。

 次いでタイヤのトラブルが1万2654件(20.16%)でした。

 タイヤの空気圧不足は燃費の悪化や偏磨耗、バーストの原因になります。

 走行中のタイヤのパンクやバーストは周囲を巻き込んだ事故に発展する可能性があり大変危険です。

 そのため出かける前にはタイヤの空気圧を確認しましょう。

 見ただけでもタイヤがたるんでいる状態であればすぐにでも空気の充填が必要となります。

 また、タイヤが道路と接する「トレッド面」や銘柄が書いてある部分「サイドウォール」にふくらみや傷などが無いかを確認しておきましょう。

※ ※ ※

 なお余談ですが、新品タイヤなどにはタイヤに赤色や黄色の丸いマークが付いていることがります。

 これはどちらの印もタイヤをホイールと組み合わせるときの「目印」として使われるものです。

 赤色は「ユニフォミティマーク」というものでタイヤを回転させたときに最も出っ張る部分やゴムが最も硬い部分につけられます。

 黄色は「軽点マーク」というもので、タイヤの最も軽い部分につけられホイールで最も重いエアバルブの位置に合わせることで重量のバランスをとる時に使われています。

【画像】「これはアウトー!!」 これが今すぐ交換すべき「危険なタイヤ」です(28枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 安全の為にタイヤを見ろと言っておきながら、総合的な注意を書くと思いきや、点検項目として出してきたのは空気圧だけ?外観の事を書いたのは良いが、残溝の事は書かないんですか?留めボルト(ナット)の点検はしなくて良いの?ユーザ側目線の点検をするのに、既にホイールに組込まれてしまってるのに、今更赤ポチ黄ポチの事気にしてどーするの?余談は要らないから、総合的な点検の話と、見る自信が無いなら専門家に任せろの一文が欲しいですね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー