トヨタ新型「“最大級”ミニバン」発表! 流麗スタイルの「エスティマ後継機」! 最上級「プラチナE」も登場の「シエナ」中国で645万円から

トヨタと中国広州汽車の合弁会社「広汽トヨタ」は2024年4月24日、「シエナ」に4WDモデルを追加設定したと同社公式SNSで発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

実質的エスティマ後継機? トヨタ新型「シエナ」登場

 トヨタと中国広州汽車の合弁会社「広汽トヨタ」は2024年4月24日、大型ミニバン「シエナ」に4WDモデルを追加設定したと同社公式SNSで発表しました。

エスティマ後継機!? トヨタ最大級ミニバン「シエナ」
エスティマ後継機!? トヨタ最大級ミニバン「シエナ」

 シエナは、1997年に北米でデビューしたミニバン。卵をイメージさせる未来的なスタイルで話題になった「プレビア」(日本名「エスティマ」)の実質的な後継モデルで、駆動方式はオーソドックスなFF(フロントエンジン・フロントドライブ)を採用しています。

 当初は北米生産、北米専売でしたが、2021年に発売された現行モデル(4代目)は世界各国で展開されており、生産も北米のほか、中国で行われるグローバルモデルとなっています。

 高級ミニバン「アルファード」と比べると車格としてはワンランク下になりますが、ボディサイズは全高を除いて大きく、全長5165mm×全幅1995mm×全高1765mm、ホイールベース3060mm。

 背が少し低めでシュっとしたスタイリングは、エスティマの名残ともいえます。パワートレインは2.5リッターハイブリッドを搭載し、システム最高出力250PSを発揮します。

 今回、中国で追加された4WDモデルは、後輪軸にモーター(最高出力54PS)を搭載したE-Four(電気式4WDシステム)です。

 路面状況を検知し、前後輪トルク配分を緻密に制御することで、滑りやすい路面での安心感に加えてドライ路面での力強い発進や旋回時のライントレース性を向上させます。

 4WDモデルの価格はRWDモデルよりおよそ1万元(約21万円)高の33万5800元(約720万円)からとなります。

 また、4WDモデルとともに、2WDモデルに最上級グレードとして「プラチナエディション」が加わったのも今回のトピックです。

 ワイドバリエーション化により価格帯は29万9800元(約645万円)から41万800元(約880万円)となり、より幅広い層に訴求できると期待されています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「”エスティマ後継”ミニバン」を画像で見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー