17年ぶり復活! トヨタ新型「ラージSUV」登場へ! 全長5m級のビッグな“ステーションワゴン”SUV「クラウン エステート」どんな人が買うのか

16代目「クラウンシリーズ」の第4弾、最後の登場を2024年年央以降に控える新型「クラウンエステート」。以前存在した同名のステーションワゴンとは異なりラージSUVとなった同車ですが、どのような位置づけで、どのようなユーザーに刺さるクルマとなるのでしょうか。

最後のクラウンシリーズ「クラウン エステート」はどんな人が乗る?

 最後のクラウンシリーズの1台として、本年の年央以降の登場が予定されているのが新型クラウン エステートです。

 名称的には、ステーションワゴンをイメージしますが、その実態はラージSUVと言うのが正しいでしょう。

 では、そんな新型クラウン エステートは、どんなクルマなのでしょうか。また、「クラウン」の「エステート」には、どんな歴史があり、どのようなユーザーをターゲットにしているのかを考えてみたいと思います。

17ぶり復活のエステートはどんな人が乗るのか
17ぶり復活のエステートはどんな人が乗るのか

 まず、これから登場する新型クラウン エステートは、どのようなクルマなのでしょうか。

 公開されている情報では、全長4930mm×全幅1880mm×全高1620mm。同じSUVタイプのクラウン スポーツよりも、全長が220mm長く、全幅は同じ、全高が60mm高くなっています。

 ホイールベースは2850mmで、「クラウン クロスオーバー」と同じ寸法となります。プラットフォームはクラウン クロスオーバーと同じ、FFベースのGA-KのTNGAプラットフォームを使用するのでしょう。パワートレインもクラウン クロスオーバーと同じものが採用される可能性が大きいと言えます。

 また、新型クラウン エステートならではの特徴は、広々とした室内空間になります。2列目シートを前に倒せば、ラゲッジから2列目まで完全なるフラットな床が現れます。

 これをフルフラットデッキと呼びます。SUVですが、ステーションワゴンのように使える実用性を備えているのです。これが「エステート」の名前を使う理由となるでしょう。

 ちなみにクラウンの歴史を振り返れば、ステーションワゴンの存在感が意外に大きいことに気づくはずです。

 1955年に登場した初代クラウンにも、商用モデルでしたが「トヨペット マスターラインクラウンバン」というワゴンタイプがすでに存在しました。

 1962年に登場した2代目クラウンでは、初の乗用モデルとしてステーションワゴンの「クラウンカスタム」が登場します。

 商用モデルは、初代から1991年まで9世代まで、乗用モデルとしては2代目から1999年登場の10代目(セダンとしては11代目)まで、続きます。

 商用モデルのバンが終了したのは1999年のことであり、乗用モデルのステーションワゴンが終了するのは2007年のことでした。つまり、商用モデルも乗用モデルも、それぞれ40年を超える歴史を積み重ねていたのです。

 また、クラウンの乗用ステーションワゴンは、2代目から5代目が「カスタム」と名乗り、6代目と7代目が「ワゴン」、8代目と9代目が「ステーションワゴン」、そして最後の10代目が「エステート」と名乗っています。つまり、今回の新型「クラウン(エステート)」は、10代目の名称を継承するモデルとなります。10代目が生産終了となったのは2007年でしたから、今回は17年ぶりの復活となります。

 ちなみに、世間一般的にステーションワゴンが脚光を浴びるようになるのは、高性能スポーティ・ステーションワゴンのスバル「レガシィ・ツーリングワゴン」が人気を集めた1990年代以降と言えます。

 ところが、「クラウン」に関しては、そうしたブームより、はるかに先からステーションワゴンを揃えて、販売してきた歴史を有していたのです。

 では、そんな「クラウン」のステーションワゴンは、どのようなユーザーに愛されてきたのでしょうか。

 個人的な印象を含めて言えば、その答えは自営業のオーナー社長さんのような方です。クラウンはいつの時代もトヨタのトップモデルですから、裕福な方がオーナーになります。

 その裕福な人でありつつも、業務上多くの荷物を運ぶ必要性のあるユーザーが、「クラウン」のステーションワゴンを利用します。

 裕福でも勤め人であれば、ステーションワゴンである必要はありません。自身で事業を切り盛りする自営業だからこそ、実用性の高いステーションワゴンを愛用してきたと言えるでしょう。

 そういう意味では、新世代のクラウン エステートも時代の要請にあわせてSUVのスタイルをとっていますが、荷物をたくさん積むという「クラウン」のステーションワゴンの伝統は継承されています。

 ですから、きっと新型クラウン エステートも、そのオーナーとなる方は、事業を切り盛りする自営業の方が多いのではないでしょうか。また、アウトドアライフやスポーツを楽しむ方にも、荷物をたくさん積める新型クラウン エステートはおすすめです。

 発売は2024年年央以降と言いますから、早ければ6月には登場する可能性もあります。そろそろディーラーに足を運んで、相談してみるのもいいかもしれませんね。

【画像】超カッコイイ!”17年ぶり復活”のトヨタ「新型ラージSUV」の画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. たいして荷物を積めそうもないのに「ステーションワゴン」と呼ばないでほしい。
    あくまでも、「エステート」と言うトヨタ独自車種ですね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー